色んな味(内容)をお楽しみ下さい。

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comic-42.jpg
作者 : 栗原正尚
ヤングチャンピオンで2012年No.9 - 連載中

気になってたのでコミックレンタルで読んでみました。
ネタバレ気にせず書いてます。

主人公の御子柴亮は20歳の漫画専門学生。
上京すればすぐに漫画家になれると思ってたけど、そんなに現実は甘くなくもっぱらオンラインゲームで遊んでいた。
オンラインゲームでは強者だけど、リアルの世界では弱者。
そんな御子柴に突然、ゴッド・ツールズという見覚えがない会社からスマホが送られてくる。
そのスマホのアプリを操作すると、監視カメラの映像を見ることが出来たり、信号機を操作できたり...etc
色々なことが出来るアプリが入っていた。
利用規約を読まずに使い過ぎたため、請求金額がとてつもないことに...。
借金返済のため同じスマホを持つ東雲勇輝と協力して、犯罪者を退治するハンターとなった御子柴。
借金を返済し、普通の生活に戻ることが出来るのか?

って感じです。
主人公は戦闘能力が低いけど、知力と頭の回転の早さと状況対応能力の高さで乗り切ります。
東雲は戦闘に関しては高い能力だけど、自信過剰でちょっと頭は良くない。
それぞれ足りないものを補っていく感じです。

3巻までで、ハンターは4人出てきました。
御子柴と東雲のペアと、巻上と立花のハイエナハンターと言われるペア。
監視者と言われる人とかもでてきます。

とりあえず、素顔が分からない犯罪者は賞金が高いので、そういう犯罪者を狙いつつ借金返済していく流れなんですけど、御子柴と東雲には特定の犯罪者を退治しないと罰ゲームが~っていう当面の目標みたいなのもあります。
今まではそんなに手こずってなかったけど、3巻から出てきた福文字仮面はけっこうなやり手で手こずってる感じで、4巻で決着がつくのかな?
こいつでかなり手こずってるってことは、2人が退治しないといけない犯罪者は相当強そう。

福文字仮面も神アプリが使えるスマホを持ってるのかな?
悪用するものもいるって説明があったけど、どういう展開になるのか気になります。

それにしても御子柴のうんちくというか博識ぶりはすごい。
歩くウィキペディアなみ。
洞察力とか頭の回転とか早すぎやし。
戦闘能力はこれからもあまり上がることはなさそうやけど、知力で倒していくのはやっぱり面白いですね。

他にも、ゴッド・ツールズの会員でもランク分けされてたりとかして、長く続けようと思えばいくらでも続けられそうな設定。
さすがにアイテムが使えるD会員まではなりそうやけど、御子柴はあまりランク上がって欲しくないな~。

4巻が早く読みたい!
スポンサーサイト
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ネタバレ気にせず書いてます。

アシモフさんの死亡フラグが順調に積み上げられていくなかで、地球では一郎が良いですね~( ´ ▽ ` )
この謙虚さの中のふてぶてしさ。
それにしてもローマって面白いな~(笑)。

ロシア班の戦闘員があっさり中国班に倒されてたけど、対人特化だからかな?
もうちょっと戦闘シーンあっても良いけどな~。
ロシア班で乗り込んだのはもうアシモフさんだけ?じゃないですよね。

そして、ジョセフが全てを持っていってのひき。
ってか、ジョセフ強すぎでしょ。
M.O.してない感じやけど、ランキングはやっぱり1位なのかな?
それにしても、ずっと戦い続けてるのか?ジョセフは?
無尽蔵のスタミナというか、人間じゃないレベルですけど(・ω・)

次回が楽しみなのに、次週は休載...(。´Д⊂)
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ漫画のみです。


[黒子のバスケ]
本当にパワーバランス悪すぎ(笑)。
111-11って(・ω・)

[暗殺教室]
唐突な虫取り回。
全く虫に興味もないしどちからというと嫌いですけど、新キャラが面白かったから良かった(笑)。
殺せんせーって目玉が飛び出るんだ。
きも。

[食戟のソーマ]
ミスター味っ子展開を継続中。
自分は学園の展開よりもこっちの方が好きだけど、すぐに終わりそう。
次週は表紙&巻頭カラー。人気あるんですね。

[トリコ]
トリコが戦うよりも全然楽しみな展開。
ただ、ダイジェストになりそうですね~会長以外は。

[斉木楠雄のΨ難]
高橋の財布はなかったようで、残念。

[ワールドトリガー]
トリガーの形状って開発で増やしてるのか。
ということは、新しい武器とか作ろうと思えばいくらでも作れるのか~。
この設定は上手いな~。
首ちょんぱされてたけど、そういえばそういう設定でしたね。

[銀河パトロール ジャコ]
お面マン。
タイツは西の都出身ってことはやっぱりドラゴンボールと繋がるんですね~。
ブルマの親戚かな?

[ハイキュー!!]
新マネージャー候補の子、暗殺されるかもって...アホだなぁ(笑)。
直射日光を浴び続けた気分っていうのは、上手い!
2年のアホ2人の会話も面白かった( ´ ▽ ` )
しゃべっとる、笑っとる、お口動いとる...って(笑)。

[SOUL CATCHER(S)]
御器谷が演奏を途中で止めてしまった経験を神峰にもさせてるので、違和感なく読めますね~。
一気に2人分を解決して、無事に神峰は一曲指揮をすることに。
棄権と反対を合わせると7人のパートリーダーがいることになりますよね。
このまま最初のフェスに入って負けて、そしてまたパートリーダー攻略編に入って、本命のフェスで金賞をとる!って展開になるのかな~。
そこまでは連載が続いて欲しいけど...。
面白いのにな~。



読切は読みませんでした。
次週の読切もなんだかな~。

いつまで続くかわかりませんが、ジャンプ感想の記事に自分が描いたキャラを載せようかなと。
とりあえず、その号での表紙の漫画キャラを描いていこうと思います。
初めて描きましたけど、難しい~(: ̄Д ̄)
s-9.jpg

ネタバレ気にせず書いてます。

アシモフさんの活躍がかっこ良くて素晴らしいんだけど、活躍すればするほど死亡フラグが...。
中国班の連携で死ぬか、まさかのゴキが乱入で死ぬか...etc
色んなパターンが考えられる展開だけに、楽しみでもあるけどアシモフさんは好きなキャラだけに複雑。

そんなロシア班が頑張ってるのに1,2班は何してるんだろう?
あのバリアみたいな装置ってまだあったっけ?
加勢するって展開はないのかな?

来週は一郎というか地球での話っぽいですけど、期待と不安が半々。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-41.jpg
ネタバレ気にせず書いてます。

やっと自分がヤンジャンを読み始めたところまで収録されてました。

慶次とクロカタゾウムシのゴキとの戦い。
慶次の回想ってけっこう長かったんやな~って思いつつ、慶次カッケーでした。
そして小吉強すぎ(・ω・)

そして、アレックス、ミッシェル、燈、ジャレッドが大活躍!
ミッシェルさんがどんどん兄貴になっていく...(笑)。

単行本で読んでみると、最初は普通のゴキでも
「やばいかも...。」
って思ってたけど、今ではバグズゴキ相手で
「もしかしたら殺られるかも...。」
って感じになってきましたね~。
ただこれは、1,2班がマーズランキング上位が多すぎるからってことにしておこうと思います。

絶望感とかやべぇ...って感じは、どんどん薄れていってる気がしますけど、どういう結末になるんだろう。

そういえば本編では説明がなかったですけど、戦闘服についての補足が載ってました。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-35.jpg
作者 : 岡本倫
週刊ヤングジャンプで2012年9号 - 連載中

気になってたのでコミックレンタルで読んでみました。
ネタバレ気にせず書いてます。

世間には知られてないが魔女と呼ばれる女の子たちがいて、魔女と関わってしまった村上良太・高校二年生が主人公です。
良太は一度見たものを全て記憶することが出来る。
この能力って[探偵学園Q]のメグと一緒の、瞬間記憶能力でいいのかな?
ただ、記憶力が良いというだけじゃなくて頭の回転が速く、困難な状況も打破していく力がある。
そんな良太の能力と、研究所から脱走した魔女たちとの物語です。

魔女たちも1人に1つずつ能力があります。
生物には使えないけど、物体なら一瞬で破壊できる"破撃"の能力を持っている寧子。
突発的にしか見えないけど"予知"の能力を持っている佳奈。
パソコンと自分をつなぐことで、セキュリティ解除をいともたやすくすることが出来る"操網"の能力のカズミ。
相手と自分の位置を入れ替える事ができる"転位"の能力の小鳥。
5巻までですけど、この4人の能力を上手く使って良太たちは生き延びてる。っていう感じです。

能力を使いすぎるとハングアップっていう状態になって、能力が一時的に使えなくなるっていう設定とか、鎮死剤がないと魔女たちは生きれないとか...etc
細かい設定が上手いな~って思います。
鎮死剤っていう設定があるので、常にある程度の緊張感を保てるのが良いですね。
他にも色んな設定があって、話を面白くさせてます!

次の巻で決着はつきそうですけど、どうやって100%の予知に対抗するのかとか楽しみですね~( ´ ▽ ` )
絵があまり好きじゃなかったので、ヤンジャンでは読んでなかったんですよね。
でもこれからは読みたいと思います。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

そんなわけでアニソンライブに行ってきました。
自分のお目当ての人は来てませんでしたけど、やっぱり生の

炎のキン肉マンは最高でした!
キン肉マンGo Fight!も歌ってくれたので、キン肉マン旋風も歌って欲しかったな~。

やっぱり名曲。

出演者が60歳オーバーの方がたくさんなのに、素晴らしい声量でした。
これは毎回、すごい!って思います( ´ ▽ ` )

そして...

を生で初めて聴いて嬉しかったです!
こんなにも元気なおっさんおじ様だったんですね。
聴いてて、本当に声に特徴があるな~って。
このまちだいすき とか聴けるなんて...めっちゃ嬉しかった( ´ ▽ ` )

後半で

やっぱりこの曲は盛り上がる!
こっちも聴きたかったな~


石ノ森章太郎さんのことを言っていたので、仮面ライダー繋がりで

が、めっちゃ聴きたかった...。

そんなこんなでしたけど、楽しかったです!

comic-40.jpg
ネタバレ気にせず書いてます。

ぷれいやーとでぃーらーとの戦いというかげぇむは終わって、インターバル後にハートのクイーンとそれぞれのキングが出てきました。
ダイヤのキングとハートのクイーンはビーチにいた2人でした。
今際の国の国民なのに、意外と働くんですね(・ω・)

今回はげぇむは始まりませんでしたけど、アリスはいきなりキングがいるげぇむに!
ウェブで読んでるのでどんなげぇむの内容かは知ってますけど、面白そうなげぇむでした。

話数が足りないと思うけど~って思ってたら、少年サンデーで掲載されてた特別編が載ってました!
読めなかった話だったので嬉しかったです( ´ ▽ ` )
しっかり読みこめばちゃんとクリア出来る方法が提示されてた、っていうのは良かったです!
助かった女性は本編に出てくるのか?(名前が出てなかったのでないか)

次の9巻も今のペースだと、自分が読んだ特別編が載るのかな?
そして、少年サンデーで4度目の特別編が掲載されてます。
読まなきゃ。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-39.jpg
ネタバレ気にせず書いてます。

エレンと鎧の巨人(ライナー)の対決が大部分でした。
エレンがミカサの活躍でライナーに勝利するかと思いきや、結局は、超大型巨人(ベルトルト)のアシストでエレンとユミルは2人に連れ去られてしまいました。
2人は特殊な巨人だと思うので、エレンが勝てるわけないと思ってましたけどね。
鎧や超大型みたいな特殊な能力はエレンにもあるのかな~?

そして、巨人になれる4人の会話というか、エレン以外の3人の会話で話がかなり進んだ感じです。
エレン以外の3人はある程度のことは知ってるみたいですけど、なんで全部言えないのかが疑問。
ライナーとベルトルトは戦士として教育されたってことなのかな?
なんで、普通の人間が住む壁を壊せなければならなかったのか?

そして、猿っぽい巨人の謎。
ユミルが言うには猿巨人が普通の巨人たちを発生させたって言ってたけど、連れてきたのかそれとも巨人を創りだせる能力があるのか...どっちなんやろう。
後者だとしたら、全ての巨人の親っていうか母ってこと?
ライナーとベルトルトは、なぜその猿巨人のところに行けば故郷に帰れるのか?

ユミルは本当の敵というか黒幕を知ってたっぽいけど、ライナーにこの世界に先がないやクリスタのことで結局言わなかった。
「せー 」って言おうとしてたけど、せーふ 政府?
この世界に先がないっていう発言も気になる。
先がないってことは、結末は変わらないってこと?
別の漫画の最終回で実はゲームの中の話でした~っていうのがあったんですけど、それが頭をよぎりました。
巨人側か人間側かを選んで、どちらかを先に滅ぼしたほうが勝ち。とかね。

とにかく謎が多いというか、疑問がものすごく出てきました。
巨人になれても壁の外の巨人は襲ってくるとか、なんで?って思ったし。

それにしても、ウソ予告の2連発は面白かった(笑)。
そして、特装版なのに付いてきたものがショボすぎる。
これでこの値段はないです。

12巻はDVDが付くみたいなのでそれは期待しようと思います。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-38.jpg
ネタバレ気にせず書いてます。

そんなわけで、7巻は菅さんの活躍やコートに戻ってきた影山。
月島と影山の関係性や、及川の過去話しなど盛りだくさんでした!
毎週、ジャンプ読んでるのでわかってるんですけど、やっぱり面白い( ´ ▽ ` )

菅と東峰の関係が良かった~。
菅の最後のプレーで点を取るっていう。
いや~良いな~!
もちろん大地も活躍してるし。
3年生トリオは好きですね~( ´ ▽ ` )
試合出てる2年生コンビはただのアホですけど

月島のことを少しずつ掘り下げようとしてるのかな~。
月島の中学時代はけっこう気になるので、そろそろそういうエピソード始まらないかな~。

ジャンプ本誌でしていた人気投票の結果がこの巻に載ってました。
田中は順位がもうちょっと上でも良かったのに(笑)。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

去年はこんなに暑かったっけ...?

[]なんとなくひとりごと[]
・せっかくPSvita買ったのに全然遊んでないので、買ったソフトぐらいはクリアしたい。
・3DSのファンタジーライフLINKを買うか迷い中。買ってもぼっち。
・パズドラは今だにプレイ中。さすがに飽きてきた。
・ケリ姫スイーツもプレイ中。一気に遊びすぎて飽きてきた。
・ジャンプ感想の記事をアップする時に、一緒にジャンプキャラでも描こうと思ってたのに、まだ一度も出来てない。
・映画を見てなさすぎ。ポータブルDVDプレーヤーが埃かぶってる(゚д゚)
・ジョジョが遊びたいのでPS3が欲しい。ただお金がきつい。
・進撃の巨人 11巻特装版の特典が今まで一番しょぼかった。嘘予告は今までで一番面白かった。
・ずっと喉の調子が悪い。風邪の治りが異常に遅い(。´Д⊂)

おやすみなさい。

comic-37.jpg
原作:ONE
作画:村田雄介
となりのヤングジャンプで2012年6月14日 - 連載中

原作者のONE先生の[モブサイコ100]っていう作品をwebで読んでて、こっちも気になったので(作画がアイシールドの人だし)。
そんなわけでこの漫画もwebで連載してる漫画です。

元々は絵もONE先生が描いてたみたいで、この漫画のファンだった村田先生がアピールして描くことになったみたいで、リメイク作品ってことなんですけどちょっとややこしい。

正直、ONE先生の絵は...ですけど、さすが村田先生ってことで迫力がすごいです!
アイシールドも絵が上手いな~って思って読んでたし(笑)。

そんなわけで簡単に説明すると、就職活動中だった主人公のサイタマがふとしたきっかけで、ヒーローになりたいという子供のころの夢でヒーローを目指して3年間厳しい特訓をしてありえない程の強大な力を手に入れた(髪の毛は失ったが...)って感じですね。
ワンパンマンってタイトルにあるように、めっちゃ強そうな敵に対しても基本ワンパンで倒してしまうというありえないヒーローになってしまったサイタマ。
そんなサイタマの強さに憧れてジェノスっていうサイボーグが弟子入りしたり、ヒーロー協会に入らないと知名度が上がらないとしって協会に入ったり...etc
とりあえず、ワンパンで終わります(・ω・)

強そうなヒーローも出てきたりしてきたので、色んなヒーローが出てきて欲しいですね~。
サイタマみたいな感じの特訓で強くなった敵が出てきて~だとありきたりなので、結局は、サイタマを脅かすヒーローとか敵は出てこないで欲しいな~。

予想してたよりも面白かったです( ´ ▽ ` )
それにしても絵が上手い。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ漫画のみです。


[トリコ]
邪眼?
飛影だとかっこいいのに...スタージュンだと気持ち悪い。

[食戟のソーマ]
休み中に家に帰ったことで、ミスター味っ子な展開になりました。
この3人で大丈夫なのか...(笑)。
こういう展開は味っ子好きだったので楽しみです!
それにしても、普通の漫画になってしまったな~。

[暗殺教室]
なるほど、特別夏期講習が沖縄ってことで戦利品はこれでした。
島ってことで苦手な水もたくさんあり、ここで触手を破壊は良い選択ですね。
ただ、あのつまんない2人組がこのチャンスを狙わないとは思わないので、また登場したらつまんなくなるだろうな~。
新キャラ登場してくれた方がいいや。

[黒子のバスケ]
やっと過去編終わりそう?
さっさと終わってくれ~。

[銀河パトロール ジャコ]
やっと女性キャラが出てきた~。
名前はポスター通りだとタイツって名前かな?
鳥山先生って感じのアクションは読んでて、懐かしい気分になりました。

[ハイキュー!!]
それなりに学力は伸びてるのかな?(笑)
試合以外も面白い( ´ ▽ ` )
そして、新マネージャー登場?!

[SOUL CATCHER(S)]
邑楽先輩は結局は良い人ってことでしたね。
そして、神峰の成長がすごいことに!
たしかに声を出して支持するのは限界があるので、
『伝えたいことが多すぎる、喋ってる暇がない。』
って感じだったと思いますけど、上手く喋らないで指揮をする方向に持っていってるな~って思いました。
そして御器谷の力を引き出せるのか!!!で次週。
ただ、このままだと最初のフェスが終わったら終わりそう...。

[ワールドトリガー]
トリガーについての説明をしつつ、色んなキャラが登場。
ただやっぱり、仲間同士の争いじゃない方がいいな~。
読んでても、なんかしらけてしまう。

読切[アナノムジナ]
天野洋一先生の読切です。
絵は上手いな~と毎回思うんですけど、今回は何か読みづらかったです。
ジャンプ版の[クロサギ]って感じなのかな~。
めっちゃ面白いわけでもなく、すっげ~つまんないわけでもない。
原作を付けた方がいいんじゃないかな~?とは思いました。


今週はポスターがついてました。
アイテムがあるキャラはやっぱり分かりやすいな~って思いましたね。
誰これ?って感じで、全く分からないキャラも多かったですけど。

[SOUL CATCHER(S)]1巻は買おうかな~と考え中です。

movie-ra31.jpg

// 2008年作品 / 観た日:2013年8月 / CS・地上波鑑賞

// タイトル
ラストヒットマン
[The Last Hit Man]

// Directed by
Christopher Warre Smets

// Cast
Joe Mantegna(1947/11/13)
Romano Orzari(1964/12/12)

// あらすじ
凄腕スナイパーとして名を馳せるハリーとサポート役を務める娘のラクエルは、ある殺しの失敗から追われる身となる。しかも、ハリーは病魔に冒されてしまい…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分48秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
寝ようかな~って思った時にチャンネル変えたら放送してたので、なんとなく見ました。
多分、冒頭の数分は見れてないですけど大部分は見たからいいかなってことで。

内容はあらすじのままで、そこにハリー(Joe Mantegna)を始末しに来たビリー(Romano Orzari)だったんですが...
ハリーとコンビを組むことに。お~いっつみらくる~。
そして、娘の彼氏が出てきたり、ハリーの診断をした女医さんが出てきたり、登場キャラは少ないのでハリー側はわかり易かったです。

てっきり、どんどん刺客がきて病魔に侵されながらも倒していくハリーとビリーとかだと思ったら、ほとんどアクションシーンとかなくてドラマ部分がメインでした。
多分、ハリーってキャラクターを魅せるためだけの作品なんだろうな~と。
そんなわけで、とにかくハリーが渋い。本当に渋い。ただ渋い。というか、Joe Mantegnaさんがめっちゃ渋いです。
Joe Mantegnaさんのファンの方は楽しめるんじゃないかな~って思います。

起伏があんまりなくて淡々と進むんですけど、自分はけっこう楽しめました~。
ハリーが渋くてカッコ良かったからっていうのが大きいですけど、ビリーのキャラも良かったし。

彼氏がいる設定って必要だったのだろうか...。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

comic-36.jpg
やっと5巻を読めました~。

犯人はこの人か~って感じで、怪しいだけの変な人やと思ってたのに(笑)。
よく喋ってたのでボロがでたって感じやし。

読んでて思ったのが、ネットで検索しないと分からないような知識が重要ってのはいかがなものかなーと。
今までもあったけど今回は特にそう感じちゃいましたね。
昔の時のほうがわくわくとかドキドキがもっとあったよな~って思いました。

それにしても原作者は高遠が好きなんですね。
次回作も高遠で作る気まんまんで終わったけど...。
正直、もういいかな~って思いました。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-34.jpg
作者 : 森繁拓真
月刊コミックフラッパーで2010年11号 - 連載中

気になってたのでレンタルしてみました。

関くんという男子生徒が授業中なのに授業を全く聴かず一人遊びしてる様子を、隣の席の女子生徒の横井さんが見てるっていう漫画。
なので基本は会話とかなくて、関くんの様子に横井さんが反応してるっていう。
ただそれだけの漫画なんですけど、けっこう面白い( ´ ▽ ` )

関くんの一人遊びの幅が広すぎて、なぜ先生にばれないのかが不思議すぎる(・ω・)
1-4巻では、教室以外にも野外に出たりプールとかあったり...etc
学校の行事とかもまだまだ残ってるので、楽しみですね~。

席替えで関くんが一番前の席だったり、横井さんと離れたりとかが最終回なんだろうか。
と思いつつ、気楽に読める漫画でした。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ネタバレ気にせず書いてます。

日米合同班にロシア班が加入って感じでいいのかな?
それにしても、ただただかっこいい登場でしたアシモフさん!

クワガタさんとサソリさんの間にいる人って何の能力だろう?
全員、戦闘員で突撃してるってことだと思うんですけど、まさかのサポートとかだったら面白いな~。

ってことで、次週から中国 vs ロシアってことになると思いますけど、蟹とタコだったらどう考えてもタコの方に分があるような...。
ただ、アシモフさんの武器がまだ判明してないので、それを使って劣勢から逆転とかだったら熱いけど...ロシア班の突撃した4人は全滅って流れもあるよな~。
アシモフさんは好きなキャラだけに、毎週ドキドキするな~!って思ったら合併号だった(。´Д⊂)

ロシア班でちゃんと能力とランキングが出たのはアシモフさんとイワンだけなので、ロシアと中国の人たちの紹介合戦になりそうかも?

そんなわけで、今月は6巻が発売されます!
表紙はマルコス!
やっとヤンジャンを読みだしてからのところまで収録されてるので、めっちゃ楽しみです( ´ ▽ ` )
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-33.jpg
ネタバレ気にせず書いてます。

9巻はジンの過去話しがメインでした。
かなり話数をかけてたし、読み応えもあって
「ジンを本当は主人公にしたかったんかな~?」
って思えるほど。

本当に、ジンとその仲間たちの話しかないのでレイカ達の活躍は見れませんでした。

そして、舞台が現代に戻ったと思ったら...
まさかのレイカとジンの結婚が決まってた(笑)。

そんな幸せの絶頂のはずのジンにまさかの自体が...

めっちゃ10巻が気になるんですけど、ここでジンが完全に退場だったらすごい。
ストリートの時の仲間の能力が、今までみた能力だったのはちょっと不満でしたけど。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-32.jpg
作者 : 許斐剛
ジャンプスクエアで2009年4号 - 連載中

テニプリの頃から毎週欠かさず読んでたんですけど、新になってから読んでなかったので。

相変わらずの素晴らしい漫画ですね(・ω・)
テニプリの後半のノリをそのまま受け継いでるって感じなので、爆笑しながら読めます( ´ ▽ ` )

1-10巻を軽く説明すると、リョーマたち中学生が高校生の合宿に招待されるところから始まります。
最初は高校生たちを圧倒する中学生軍団だったが、高校生の上位陣が出てき始めて...。
そんなこんなで、10巻ではNo.1-20のバッジの取り合いをしてます。

毎回思うんですけど中学生・高校生でこのテニスのレベルで、大学生とかプロとか世界とかになったら人間は果たして存在してるのか?
そんな、意味わかんないけどすげーっていうのが面白いんですけどね( ´ ▽ ` )

後は、テニスで決着をつけるか、相手をKOするかで決着つけるか。
デュークホームランには爆笑しましたけど、
『滅びよ』
も、テニスで使う言葉じゃないですよね(・ω・)

キャラも癖が強くて個性的すぎて突っ込みどころが多すぎるんですけど、よくこれだけ色んなキャラを描けるな~と単純にすげ~って。

まだ、当分は跡部王国連載は続きそうですね。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ漫画のみです。


[トリコ]
カラーでも気持ち悪い。
フローゼ様ではない模様。
何か話が動いたっぽいけど、スタージュンが主役っぽくみえる。

[暗殺教室]
ただの結果発表なのに面白い!
カルマがかませだったのも良いし、ここから成長するんだろうな~って。
それにしてもこの親子は嫌だ(・ω・)
家庭科は大事なので当然ですね。
それにしても戦利品が気になる。

[食戟のソーマ]
ここで、ソーマの父との関係が出てきましたね。
予想通りな感じですけど、2人での会話をさせるためにかなり強引な展開。
この漫画のヒロインには役不足感がすごいけど、どうするんやろう。

[銀河パトロール ジャコ]
ノーコメント。
安定して読める。
ってか、ヒロインっぽいキャラが全然出てこない(笑)。

[斉木楠雄のΨ難]
普通に読みたいけどな~コニャック。

[ワールドトリガー]
次週から戦闘が始まるとは思うけど、身内で争ってもな~。
そして、戦闘シーンって集団戦になりますよね~多分。
新キャラの能力をみせるだけにするのかな~。

[黒子のバスケ]
ほんと長いって。

[ハイキュー!!]
音駒とのシンクロが面白かった( ´ ▽ ` )
清水さんマネージャーは続けないのかな~?
新マネージャー探し?
そして、ハイキューでも期末テストきたー(笑)。
バカ4人の反応がいちいち面白い!
大地先輩めっちゃ頑張って!

[SOUL CATCHER(S)]
まさか小さい時からの知り合いだったとは。
最初は邑楽も音楽にたいして情熱があったのに、少しずつああいう性格になってしまったってことでした。
そんな中で、フェスでは3曲を演奏予定でそのうちの1曲を神峰が指揮をすることに。
神峰の力だけじゃなくて、御器谷が頑張って解決して欲しいところ。
前の話で神峰に写譜をさせたのは、この展開に持っていきたかったんですね。
面白いのに掲載順が...。


新連載の[ひめドル!!]の絵柄を見て、
「マガジンっぽい。」
って思いました。もちろん読んでません。

今週はハイキューがめちゃめちゃ面白かった!
東京遠征に行ける気がしない(笑)。
そして、来週は天野洋一先生の読切[アナノムジナ]が登場。
絵は良いと思うんですけどね~...。

tim_mcgraw.jpg
名前 : ティム・マッグロウ(Tim McGraw)
生年月日 : 1967/5/1
出身 : アメリカ,ルイジアナ州
身長 : 1.83cm

[ちょっとした情報]
カントリーミュージックを代表するシンガー。
奥さんはフェイス・ヒルさんです。

[出演作品(映画)]
*映画のタイトルをクリックをすると、このブログで書いた感想のページへ飛びます。
ネタバレもありますのでご注意下さい。
もちろん、未見のものもあります。日本で公開・放送された作品になります。
タイトル抜けなどがありましたら、コメントを残して頂けると嬉しいです。



// 2010年
・カントリー・ストロング

// 2009年
しあわせの隠れ場所

// 2008年
フォー・クリスマス

// 2007年
キングダム/見えざる敵

// 2006年
マイ・フレンド・フリッカ

// 2004年
プライド 栄光への絆



[出演作品(ドラマ)]
---

--------------------------------------------------------

何がキッカケで出演作品を観始めたのかは、忘れました(苦笑)。
良い人の役が多い気がするので、悪役とか見てみたいです。
俳優業よりもカントリーシンガーとしてめっちゃ有名なんですけど、曲は聴いたことがないです...(´・ω・`)
聴いてみようかな~っていう気持ちは、数年前からあるんですけどね~。

[オススメ出演作品]
・しあわせの隠れ場所
・フォー・クリスマス
テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

comic-31.jpg
作者 : 竹内友
月刊少年マガジンで2011年12号 - 連載中

ネタバレ気にせず書いてます。

マンガ大賞に選ばれてたので気になってたので読みました。

一気に1-4巻をレンタルして正解!って思える程、気がついたら全部読んでました。
内容は、社交ダンス(競技ダンス)の世界に魅せられていく中学3年生の富士田 多々良が主人公です。
平凡以下の中学生だった多々良が、本当にやりたいものが見つかっていく過程を急速な早さで描いてます。

多々良の才能は、耳が悪いおばあちゃんのために相撲の取り組みを的確に実況するっていう、観察力。
それが2人で踊る社交ダンスでは素晴らしい武器になっていくんですよね。
メキメキと上達していくんですけど、始めて数ヶ月も経っていないので足りないものが出てくるんですよね。
今の多々良では乗り越えられないってところが、またいいんですよね~。

主人公の多々良も魅力的なんですけど、他のキャラもすごく良いんです!
多々良と同級生の雫と清春や、賀寿と真子の兄妹。
どうしても、多々良と同年代の子たちとの話になっちゃうんですけど、仙谷さんの話も読んでみたいですね~。
岩熊さんもぜひ再登場して欲しいって思えるキャラだし(笑)。

曽田正人先生の[昴]を読んでても思ったんですけど、ダンスしてる時の描写を読んで「すげ~~~!」って感覚が似てる。
ゾクゾクする。

1-4巻できりが良い感じで終わって、5巻から新シリーズって感じなので興味があって読むなら今がおすすめかも。

レンタルコミックでしたけど、余裕があれば全巻買っても良いな~って思える漫画でした。
とりあえず5巻がめっちゃ楽しみ( ´ ▽ ` )
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-30.jpg
ネタバレ気にせず書いてます。

2,3巻はけっこう前に読んでて、あんまり覚えてない(苦笑)。

定助は吉良吉影の部屋での戦闘は終わって、東方家に世話になるっていう。
ただこの東方家の家族は秘密が多すぎる感じ。
そして、スタンド能力持ちもいるっていう。
娘の能力ってえげつないやろ~(笑)。

そして家系図がポイントになってるみたいです。
その家系図を見て、ホリーに会いに行こうとするけど新たなスタンドに邪魔をされる。

相変わらず、面白い発動条件を考えるな~。
バイクのスタンドは家政婦さんで、実はホリーの娘だった。
そして、定助をサポートしてたスタンドは康穂のスタンドだった!
康穂はまだ気づいてないけど、完全にサポートに特化したスタンドなんかな?
他にも何かありそうで楽しみ!

定助の秘密も少し明かされて、本当に面白くなってきた~!って感じ( ´ ▽ ` )

カツアゲロードをどうやって乗り越えるのか、めっちゃ楽しみ!
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ネタバレ気にせず書いてます。

劉っていつでもMOできるってことなんかな?
そして、対人戦においてかなり強いですよね~。
劉の前に敗れる小吉。
自分は人質にはならないと言うと、機械から出てきた物で乱射されて息絶えたと思ったら...
ここでロシア班のイワンが登場!

イワンの年齢とかランキングとか出てましたけど、若いしランキングも10位でした。
たしかに集団戦では力をコントロール出来ればかなり強いですもんね、イワン。
初日とは違って、けっこうコントロール出来るようになったのかな~?って感じでした。

そんなイワンの攻撃に気づいた中国班の誰か(名前忘れました)。
さすが、対人戦を想定した能力持ちが多いだけあってどんな能力で感知したのかな?

小吉はロシア班のおかげで助かったぽいんかな?
土を掘る能力持ってことはモグラとか?
どこから幻覚だったのかはさっぱり分からなかったな~(笑)。

体制を立てなおして~ってことで、仕切り直しになるのかな~。
上位ランカーじゃなくて、下位の人たちが活躍するような展開だったら面白いんやけどどうなるのか、来週が楽しみです( ´ ▽ ` )
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 MIXJUICE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。