色んな味(内容)をお楽しみ下さい。

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~

// 2012年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~
[Hamilton: Men inte om det gäller din dotter]

// Directed by
Tobias Falk

// Cast
Mikael Persbrandt(1963/9/25)

// あらすじ
パレスチナで発生したテロ犯射殺事件を発端に、ハミルトンの娘がテロ組織に拉致された。ハミルトンは単身敵地へ乗り込むが、その背後には巨大な陰謀が隠されていた。
(キネマ旬報データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
エージェント・ハミルトンっていうシリーズがあるそうで、3部作の第2弾のようです。
えっと...第1弾見てません...(´・ω・`)
ま、いっか。

スパイものっていうより、普通のアクション映画かなと。
主役のハミルトン(Mikael Persbrandt)が、とにかく渋い。ほんまに渋い。

適当なことを書いたマスコミに対しては、特に何もなかったのはどうなんやろう。
マスコミのせいであれだけの被害を受けたのに。
どこの国でもマスコミってこんなもんですよ ってことなんかな~。

第3弾はまだ先のようですけど、気が向いたら第1弾を見てもいいかな~。
スポンサーサイト
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

comic-28.jpg
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

あ~これ読んだことあった...(: ̄Д ̄)

2つの建物での事件、分刻みのスケジュール、謎の散歩!(川もあるよ!)
さすがの明智さんすぎ。ほんとになんでも出来る人やね。

明智さんのところでは犯人が途中から分かるタイプで、一のほうには共犯者がいるっていう。
トリックとか大胆で面白かったけど、あの見取り図は...(・ω・)

高遠は無理に登場させなくてもいいんじゃないですかね。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-27.jpg
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

事件の舞台が恋琴島って(笑)。
錬金術を絡めつつ科学が好きな人ならピンとくるって感じですかね~。

まさか密室トリックでバーナーが出てくるとは...。
[雪霊伝説殺人事件]の時も思ったけど、金田一の犯人って手先が器用すぎて手際がよすぎるだろってやつばっかり(笑)。

レイカちゃんが出てきてまさかの犯人に仕立てられるとは~。
金田一と知り合ったせいで、色んな目にあうアイドルだな~(・ω・)

今回は、解答編を読まずに何度も読み返して推理するぞ!
って思ったんですけど、気がついたらページめくってました(・ω・)
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ネタバレ気にせず書いてます。

一郎は祭りあげられてなったって言ってたけど、一郎が裏切り者かもしれないですよね。
周りに流されるばかりの人間に対して、嫌気がさしている部分もあると思うし。
あの学校でのことを、今の一郎がどう思っているのか気になるところです。
もし、裏切り者だったら二重の裏切りって感じで、やっぱり人間を見捨てない!ってして欲しいな~。

久しぶりに登場のアシモフさん( ´ ▽ ` )
あの少ない情報だけでそこまで考えられるって、すげー頭の回転が早い。
小吉も同じ答えにたどり着いてるけど、ハゲゴキって20年前に2匹生まれて1匹は死んで1匹は生き残ってますよね。
そして、アドルフさんが致命傷を与えたハゲゴキは20年前の生き残りではないので、20年間でハゲゴキは1匹は確実に生まれたってことに。
ここで、ハゲゴキが全部で何匹いるかが気になります。

多数いる場合は、領土があってそれぞれの国家を作っていて、それぞれの力関係はあのソードを持っているか持っていないか。
まだ、その領土内にいるので今のところゴキからの攻撃を受けてないっていう考えが出来るかな~と。

ハゲゴキが小吉と戦った1匹だけしかもういない場合は、世代交代で小吉ハゲゴキは隠居してアドルフさんと戦ったハゲゴキが火星を牛耳っていた。
ゴキが攻めてこないのは、小吉ハゲゴキが新しい王になって新しい作戦を考えているためとか。
それか元々、迎え撃つのは新しいハゲゴキでアネックスを占領するのが小吉ハゲゴキっていう作戦も考えられるな~。
脱出艇を使うところまで情報があったので、アネックスはもぬけの殻。
そこを占領しないてはないですよね。
1,2班が今アネックスに向かってるし、そこで戦闘がないって...ね。

ロシア班はずっと単独行動するのかな~?
能力はだいたい出ちゃったけど、マーズランキングは出てない人いるしな~。

最後に、ジェセフ率いる6班のクルーが初登場。
6日間もずっと穴の中で隠れてたってこと?
食料とかどうしてんの?
そんな上手いこと、ずっと隠れることが出来たとか...。
というか、戦闘員はいないのか?
ミッシェルさんっぽい人いるんですけど(・ω・)

あのソード、今はどこにあるんだろう。
1日目ではピラミッドにまだある描写があったから、アシモフさんが来るまでに誰かが持ち去ったんやろうけど、ジェセフが持ちさってこれかっけーって言ってたら面白いな(笑)。

来週もすごく気になる。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

テラフォの外伝が読切で掲載されてたので、テラフォだけ読みました。

火星に出発する前の話で、小吉・ミッシェル・マルコス・アレックス・燈・シーラ・加奈子・イザベラ・八恵子とエヴァっていたっけ?
この面々で海へ行くっていう話でした。

安定のギャグ回って感じで面白かった( ´ ▽ ` )
そして、オチはさすがの八恵子さんでした(笑)。
一瞬、八恵子とジェセフって繋がってるのか!?って思った。
まさか...これが伏線で...。

ページ数は少なかったけど、単行本とかにおまけで入れて欲しいな~。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-26.jpg
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

山小屋に吹雪っていう設定はやっぱり良いですね~。

自分も一と一緒で、双子って聞いてから1人2役だろうな~って思ってましたけど、分かりやす過ぎるからミスリードかな~?って思ったら、2人いたって展開になって本当にミスリードだったんか~。
でも、腑に落ちないところあるしな~って思ってたら...なるほどね~。
ミスリードだと思わせておいて~って展開は上手いな~って。
幽霊!って言ったのも納得できるかな~。

そして、1人2役だけかと思ったら2人1役だったとかも、たしかに違和感あるな~って思ったらそうだったんか~って。
それにしても犯人は腕が長くてものすごく器用だな~(・ω・)

犯人はマグカップのダイイングメッセージでピンときたけど、最初から読みなおそうという気はおきなかった(苦笑)。

いや~本当に都合が良いね~。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ漫画のみです。


[斉木楠雄のΨ難]
連載1周年巻頭カラー(表紙も)ってことで、キャラクター人気投票するそうです。
特に好きなキャラがいないことが判明。
漫画のほうは、修学旅行に行くために楠雄がちょー頑張るっていう。
楠雄ってほんといいやつ。

[暗殺教室]
寺坂がなんとかするっていうより、カルマがすごいってことで落ち着きそう。
今のシリーズは面白くないな~。

[トリコ]
分かりやすいバトル漫画だと思ってたんですけど、イメージでの攻撃の応酬とかあってもね~。
この2人の戦いは飽きたんで次号で終わって欲しい。

[黒子のバスケ]
監督が倒れたことで、色々と歯車がおかしくなっていくってことなんかな。
そろそろ中学時代も飽きてきた。

[ワールドトリガー]
ボーダーには入らないみたいですね。
人気が上がってきたのか、編集部のプッシュなのかどっちか分からないけど、もうちょっと展開は早くしても良いかなと。
次号、過去の話が出てくるっぽいですけど、1話で終わって欲しい。

[食戟のソーマ]
いきなりケンシロウになってびっくりしつつ、そういえばこの人って裸キャラだったなと。
新キャラが登場して、えりなとは因縁があるようで。
でも、えりなとかほんとどうでもいいです。

[SOUL CATCHER(S)]
他の吹奏楽漫画って読んだことないけど、ジャンプらしい熱い漫画になってきてる~!
打樋がギャグキャラになってる(笑)。
話術を磨けば神峰ってカウンセラーになれるのにな~と、意味もなく思いつつ。
ハイキューの次に、毎週楽しみになってきてる!

[BLEACH]
二刀流?
とりあえずオサレでした。

[ハイキュー!!]
ほんまに手に汗握る!
そしてまさかの及川のサーブミス!
山口で決めるのか、日向と影山で決めるのか...。

[SKET DANCE]
スイッチがとうとう喋りました。
そして、一気に大学受験や卒業式へ。
ボッスンとヒメコは無事に大学に合格するけど、ボッスンは大学に行かないって言い出して...。
行かないだろうな~って思ったけど、どういう道を進むんだろう。


浮世絵漫画の作者の読切は、なんか読む気が起こらなかったです。
来週は読切ないっぽいです。

超時空戦記 レヴェレーター

// 2013年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
超時空戦記 レヴェレーター
[Scavengers]

// Directed by
Travis Zariwny

// Cast
Roark Critchlow(1963/5/11)
Sean Patrick Flanery(1965/10/11)
Louise Linton(???)
John Lee Ames(1980/6/17)

// あらすじ
宇宙で残骸回収を行うチーム・スカベンジャーズはカオス・ジェネレーターを手に入れる。それを知った宿敵・ジェケルは強奪を画策し…。
(キネマ旬報データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
感想とは全然関係ないですけど、セル版は8月でレンタルはもうあります。

エネルギーが反応が出てた、宇宙を漂う残骸になってしまった宇宙船に乗り込むウェイク(Roark Critchlow)。
そこでエネルギーが反応が出ていた円柱状のものを発見し持ち帰る。
その際に、宿敵のジェケル(Sean Patrick Flanery)の宇宙船もその円柱状のものを奪いに、ウェイクの宇宙船を攻撃していた。
なんとか、逃げ延びたウェイクたちだが執拗に追ってくるジェケル!
こんな感じです。
円柱状のものがカオス・ジェネレーターって名前なんですけど、ジェケルが聞いたお告げからなので信憑性が(笑)。

CGとか宇宙船の内装とか、けっこう頑張ってたと思います。
違和感なくてすんなり見れました。
ただ、宇宙服がださかった(笑)。

キャラも主役のウェイクは良い意味で力が抜けてるけど、やる時はやるっていうリーダーって感じ。
クルーのエマーソンとは良い仲だけど過去になんかあったんやろうな~っていう。
ドクや12号とか、あと1人だれだっけ...(苦笑)。
敵側のジェケルは、別の世界に生きてるって感じで精神がちょっとやばいんですけど、それならもっと不気味さがあっても良かったかな~。
ジェケルとウェイクとエマーソンは昔は同じ仲間だったみたい。

セットとかキャラ設定とか良いのに、肝心の脚本が...。
普通に見れることは見れるんですけど、もっと世界観を説明してくれても良かったかな~。
スカベンジャーズのしてる仕事?ってその世界ではどういうふうに思われてるとか、戦争をしてたみたいやけど力関係はどうなんだとか...etc
そういう細かい部分もあったほうが良かったな~。
その宇宙には絶対的な力を持ったやつがいるとかね。

面白く出来そうな感じもあるし、そこそこ楽しめたのでもったいないな~って思いました。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

comic-25.jpg
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

おっさんが殺人?っていうショッキングなタイトルだったので、楽しみに読みました。
う~ん、予想通りのおっさんに疑いがかかるだけとはね。
でも、金田一はおっさんを信じるのは当然やけど、明智さんも信じているのはなんか良かった!

犯人はこいつなんや~って思ったけど、殺された2人が見事にクズだったな~。

楽しみにしてただけに拍子抜けだったけど、中学生の一はおばかで良かった(・ω・)
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ネタバレ気にせず書いてます。

まさかのヤエコとアレックスが!
そして2人に死亡フラグが(゚д゚)
それにしてもヤエコって何の能力なんだろう。

2日目は体力を回復させるために野営、そして3日目に出発。
激動の1日目だったのに、2日目に全くゴキの気配がないのが逆に不安ですね。
さて無事に本艦に辿り着けるのか?
ってか、本艦はゴキに制圧されてそうだし、研究する施設もめちゃくちゃにされてそうだけど...。

1,2班のシーンは今週までで、来週は他の班の様子が気になる!
ただ、テラフォの場合だと3日目で生き残ってるのは1,2班だけだった...。
とかもありそうで怖いですけど。

救助艦を飛ばしてないってどういうこと(゚д゚)
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

movie-ei68.jpg

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / CS・地上波鑑賞

// タイトル
THOR(ソー) 生命の木とアスガルドの神々
[Almighty Thor(TV)]

// Directed by
Christopher Ray

// Cast
Richard Grieco(1965/3/23)
Kevin Nash(1959/7/9)
Cody Deal(1986/2/14)
Jess Allen(???)

// あらすじ
正義感は強いが傲慢な半人前の神・ソー。彼の父であり神々の王でもあるオーディンが、邪神・ロキの手に落ちてしまう。ソーはロキに復讐しようとするが、敵うはずもなく…。
(キネマ旬報データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分26秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
HDDに残ってたので整理も兼ねて。

最初からあのハンマーを持っていないっていう設定で、ロキがそれを奪うために攻めてくるっていう展開。
そんな感じで分かりやすいっちゃ~分かりやすいんですけど、色んな意味で酷かった(笑)。

オーディンは見た目も王って感じで良かったんですけど、ソーがアホすぎるので終始イライラ。
ロキを倒せるようになるために何年も待てないのは分かるけど、ほんまにアホ。

ソーが全く魅力がない変わりに、ロキは中々良かったんじゃないかな~と。
肉弾戦はそんなに強くないので、ちょいちょい劣勢になるところとか(笑)。

それにしても、久しぶりにひで~って思える作品でした(゚д゚)
見終わった後、そっと削除しました...(・ω・)


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

comic-24.jpg
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

今回は上下巻に分かれてなくて1巻分で事件は解決する中編って感じでした。

今も流行ってるか分からないけど脱出ゲームを題材にした内容でした。
都合よく一と美雪はゲームに参加するな~って思ったけど、あ~なるほどね~って納得できたのは良かったです。

必要以上に1人1人じゃないと脱出できないようにするのはなんでだろ?って思ったけど、殺したいのは親子2人だけだったからってことか~。
でも、トイレの問題はあからさますぎるでしょ...。

色んなゲームを用意して限りなく100%殺せるようにっていうのは、探偵学園Qを思い出しました。
Qの場合はちょっと違うかもやけど。
他に、どんなつまんないゲームがあったんだろうっていう興味はありましたけど(笑)。

全部を寄付はちょっと清々しすぎるな~と思ったのは、心が荒んでるせいなのかな。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

comic-23.jpg
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

今回は上下巻に分かれてなくて1巻分で事件は解決する中編って感じでした。

一の旧友が登場して、そして一癖以上もありそうな面々に黒魔術が襲いかかる!
今回の事件は見立て殺人で進んでいく展開でした。

電気コードのトリックは、
「そうなるもんなんや~。」
程度でさら~っと(笑)。

そして地獄の傀儡師こと高遠が裏で手を引いてました~。
ま~バレバレですよね(・ω・)

本当に呪い殺したと思わせるのが犯人の目的っていうのは、面白かったです。
まさかの千家パターンだったのは、けっこう意外でした~。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ漫画のみです。


[トリコ]
包丁なんや。
なんか盛り上がらないなー。

[暗殺教室]
やっぱりこの敵側2人はつまんないな~。
寺坂がましなことをするっていうオチなのかな~。

[食戟のソーマ]
手の負傷で、今後、ピンチになったりとか。
四宮の格を落とさずに、田所さんの株を上げたっていう内容でしたね。

[斉木楠雄のΨ難]
修学旅行編が次週からで尚且つ、1周年記念巻頭カラーのようで。
ここまで安定した人気が出るとは思ってなかったけど、安心して読める回が多いギャグ漫画なので頑張って欲しいです。
それにしても、濃いクラスメートが多いな~(・ω・)

[ハイキュー!!]
いや~ほんまに手に汗握る!
両校ともマッチポイントで、次週決着がつきそう!
山口が出てくるのか...?

[黒子のバスケ]
サッカーでいうところのシミュレーションってやつ?
つまんないチームが決勝に上がってきたな。

[SOUL CATCHER(S)]
刻坂のキャラが...(笑)。
あの超ベタな父親をどうやって説得するのかな~?
そして同時にトランペットパートも変化の時か...!

[NARUTO-ナルト-]
なんかそれぞれすごくなってるんだね~っていう。
サクラの成長が一番すげ~って思う。

[BLEACH]
なんか分からないけど、いちごのパワーアップイベント終了かな?

[ワールドトリガー]
わかりやすくボーダー内部の○○派を説明。
そして遊真をボーダーに誘う迅だけど、あっさり入るのかあっさり断るのか。
父親のこともあるから入るのかな~?

[SKET DANCE]
なるほどね~。そういうことだったんか~。
そしてスイッチがとうとう喋るのか!?

[恋するエジソン]
ワクワクさんがチラっと見えたので思わず、ちゃんと読みました(・ω・)
ネタが今の子供には受けないネタというか、知らへんやろ~あしゅら男爵とか。
ワクワクさんが真黒だった(゚д゚)


来週はあの浮世絵漫画の作者の読切があるみたいですね。

comic-22.jpg
コミックレンタルで見かけて、昔は熱心に読んでたけどいつからか読まなくなったな~って思ったので、久しぶりに読んでみました。
どの事件を読んだか忘れないように覚書程度ですが、ネタバレ気にせず書いてます。

金田一といえばオペラ座館でしょう~ってことで読んだんですけど...
あれ...読んだことある気がする...(苦笑)。
犯人も登場人物が出てきただけで知ってたし、トリックも大体覚えてた...。

そんなこともあるよね!ってことで(苦笑)、剣持のおっさんがピンチになる展開は良かったんじゃないかなと。
そして、ドライアイスが大活躍なトリックとかも理科の実験が好きだった自分には楽しく読めました。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

キラー・エリート

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
キラー・エリート
[Killer Elite]

// Directed by
Gary McKendry

// Cast
Jason Statham(1967/9/12)
Clive Owen(1964/10/3)
Robert De Niro(1943/8/17)
Dominic Purcell(1970/2/17)
Aden Young(1972)
Yvonne Strahovski(1982/7/30)
Matt Nable(???)

// あらすじ
殺し屋稼業から足を洗ったダニーの下に、元相棒が捕虜となった写真が届く。ダニーは仲間を招集し、ミッションを継ごうとするが…。
(キネマ旬報データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分06秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
昔の話やったんや。
そしてベストセラー小説の映画化やったんや。

ある仕事の後、殺し屋家業を辞めたダニー(Jason Statham)は故郷で暮らしていた。
そしてアン(Yvonne Strahovski)と出会い血生臭くない生活を送っていたが、元相棒のハンター(Robert De Niro)が捕虜となった写真が送られてきてダニーはまた血生臭い世界に戻っていく。

最初、デイヴィスがDominic Purcellだと全然気づかなかった(笑)。
髪の毛と髭があるだけでこうも気づかないとは...。

スパイク(Clive Owen)に邪魔をされつつ、ダニー達はミッションを遂行していく。
スパイクはほんまに邪魔やったな~。
ステイサムに楯突くとはね...(゚д゚)

やっぱりステイサム映画だと、ハラハラドキドキがないな~。
とにかくかっこいいステイサムを見れたらいいや~って、思うようになってきました。
もうちょっとアクションシーンが多くても良かったかな~。

あの家は完成させないのかな?


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ネタバレ気にせず書いてます。

マルコスとアレックスの熱い展開がありつつ、やっぱり一郎の存在感がすごかった。
まさか内閣総理大臣になってるとは...びっくり!
そして体重が重すぎじゃ?あの見た目からの体重には思えないけど...何か秘密があるのかな?

まだ火星では1日しかたってないのに、こんなにも濃い1日。
このペースだと救援がくるまでもたないよね?
地球で打開策を今から実行するのかな?

とにかく色々と動き出した感じのある回でした。
そういえば、久しぶりにジェセフがいたけど戦闘してましたよね。
しかも、見た目がそのまんまで敵をぶった切ってたんですけど...。
ランキング上位15以内のものだけに与えられる、武器を使ったのかな?
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

デイアフター2020 首都大凍結

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
デイアフター2020 首都大凍結(後編)
[Ice(TVミニシリーズ)]

// Directed by
---

// Cast
Richard Roxburgh(1962/1/23)
Frances O'Connor(1967/6/12)
Claire Forlani(1972/7/1)
Patrick Bergin(1951/2/4)
John Leigh(1965)
Paul Ellis(???)

// あらすじ
西暦2020年。地球温暖化で多くの地域が砂漠化。イギリスにも難民が大挙し、国際封鎖を余儀なくされる。深刻化するエネルギー危機の対策として、北極圏の氷原の下に眠る石油掘削計画が進行していた。科学者のトムはグリーンランドで作業を行なうヘイロー社の掘削設備が氷原を破壊し新たな氷河期を招くと警告するが…。
(Oriconデータベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
ネットレンタル必殺の2枚組みは1枚ずつレンタルしてね!
ってことで、ミニシリーズの1話と2話を分けて収録してます。
1枚で2話収録できるのに...(゚д゚)
ってことで、2枚目の後編の感想です。

新しい氷河期が来てしまったイギリスに、家族の無事を信じて突き進むトムとサラ!
間一髪のところで助けられた2人は、飛行機でイギリスに向かうことに。
指が凍傷のサラが本当に凍傷?って思うほど、がんばりがすごい。
そして、トムの家族は家族で収容所にいるジャクリーンを助けに向かう。
後編は、家族の元へとにかく戻ろうとするトムと、今にも雪と氷で押し潰れさそうな収容所から脱出しようとするトムの家族を中心に展開します。

好感が持てるイギリス首相とか、最後はかっこいいトムの友人の大臣、そして飛行機で2人を見送ったひげもじゃおじさん(名前なんだっけ)...etc
好感が持てるキャラが多数いたのは良かったです。
それだけに、後半あたりで唐突に出てくるあの武装集団は、強引にあの展開にしたいだけじゃ?って思ってしまってなんだかな~って。

前編・後編でパニックものを2作品見た感じですね。
導入部分で終わるようなものもあるし、家族が都合よく離れ離れになってしまって家族を探すだけとかもあるし。
この作品だと、どうにかして解決策を見つけて解決する!っていうパターンじゃないだけかな。

リチャードさんだったので自分はだれずに見れましたけど、こういう作品を見慣れてる人はしんどいかも?
そう考えると、キャストの力って自分にはやっぱり大事だなと再認識。

やっぱり暑いも寒いも極端すぎるのは辛いですよね。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デイアフター2020 首都大凍結

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
デイアフター2020 首都大凍結(前編)
[Ice(TVミニシリーズ)]

// Directed by
---

// Cast
Richard Roxburgh(1962/1/23)
Frances O'Connor(1967/6/12)
Claire Forlani(1972/7/1)
Patrick Bergin(1951/2/4)
Sam Neill(1947/9/14)
Werner Daehn(1965)

// あらすじ
西暦2020年。地球温暖化で多くの地域が砂漠化。イギリスにも難民が大挙し、国際封鎖を余儀なくされる。深刻化するエネルギー危機の対策として、北極圏の氷原の下に眠る石油掘削計画が進行していた。科学者のトムはグリーンランドで作業を行なうヘイロー社の掘削設備が氷原を破壊し新たな氷河期を招くと警告するが…。
(Oriconデータベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
ネットレンタル必殺の2枚組みは1枚ずつレンタルしてね!
ってことで、ミニシリーズの1話と2話を分けて収録してます。
1枚で2話収録できるのに...(゚д゚)
ってことで、1枚目の前編の感想です。

まさに導入部って感じで、自然災害パニックものの王道って感じでした。
地球温暖化が進んでるけど北極の氷を掘っても大丈夫だって~、そうそう溶けないっしょ~。
っていう目先の利益しか見えてない奴等が引き起こす、新しい氷河期!
氷河期のほうは2枚目なのでここでは書きません。

新たに起こる自然の脅威の元凶はこいつらです!っていうのを、前編で丁寧に描いてます。
よくある作品だとこれで終わりだったりしますけど、これは続くんですよね。さすがミニシリーズ。

必死になって食い止めようとするトムを演じてたのがリチャードさん。
久しぶりに見ました~( ´ ▽ ` )
やっぱりかっこええ~な~って思いつつ、トムって別に誰が演じても良いよな~とも思いつつ(笑)、貴重な主演なので見れて良かったです!

トムの家族も描かれてたのは後編のためか~と思いつつ、あの逮捕劇は横暴すぎるな~。

そんなわけで後編へ!


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

comic-21.jpg
原作:金城宗幸
作画:藤村緋二
別冊少年マガジンで2011年3月号 - 2012年11月号

少し気になっていた漫画だったのでレンタルしてみました。
ネタバレ気にせず書いてます。

[バトル・ロワイアル]とかに似た、不条理なサバイバルホラーって感じですね。
授業中、突然始まった死のゲーム。
クラスメートがどんどん死んでいく中、高畑 瞬はこのふざけたゲームをすることに...
って感じで、ゲームはだるまさんがころんだ、バスケットボール、かごめかごめ..etc

全てのゲームは失敗したら即死亡。
本当に、どんどん人が死んでいく漫画。
こいつ生き残りそうと思ったらすぐ死んでたりってのが多いので、最初は「まじか~!?」って思ったりするけど途中から「主人公だけは生き残るんだろうな~。」って思って、いまいちハラハラ感がなくなるんですよね。

つまらなくはないけど、絶賛するほどではないっていう。
なんか、ノリが滑ってるというか寒いというか、そういうのも含めてこの漫画ってことやと思うけど、受け付けない人はこの部分であかんやろうな~。
気になるところで第一部完ってなって、[神さまの言うとおり弐]が少年マガジンで連載中みたいです。
レンタルになったら弐も読んでみようかな~。

ただこの手の漫画だったらやっぱり[今際の国のアリス]が断然面白いな~。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ漫画のみです。


[黒子のバスケ]
てっきり決勝で戦うかと思いきや、決勝は謎の双子がいる中学とは。
ピンチになるみたいだけど、上手く機能せずに~とかなんかな~。

[トリコ]
その武器強すぎじゃ?

[暗殺教室]
カルマの言うとおりだと思うけど、それができなくてただ反発する寺坂は思春期ですな~。
そんな寺坂はあいつら側についたみたいだけど、めっちゃしょぼく感じるしどうなるんやろう?っていうワクワク感が全く出ないのは、意図的な演出なのかな?
敵側に魅力がないのは致命的なので、あまり引っ張らないで欲しいな~。

[NARUTO-ナルト-]
それぞれの忍術が出てきてパワーアップしてるだけなのに、ベタだけど良いですね~。
終わりに近づいてると思うので、最終回まではちゃんと読みたいな~。

[食戟のソーマ]
こういう展開にもっていったんですね~。
堂島がすごい人っていうのを強調させつつ、四宮も本当は悪い奴じゃないんですよ~っていう。
それでも、コスプレと擬人化がないとな~。

[SOUL CATCHER(S)]
刻阪よりも天才キャラ登場、その名は音羽。
楽器の特徴とか立ち位置?を説明するのは、わかりやすくて良いですね。
展開はめっちゃベタな感じになりそうな雰囲気あるので、何か工夫があればいいんだけど。
それにしても赤ちゃんの絵が手足が細すぎて、妖怪かと思った...。

[斉木楠雄のΨ難]
おっふって言ってもらえばいいのに、もう。

[ハイキュー!!]
山口が入ってきたときのそれぞれの心の声が面白い( ´ ▽ ` )
まさかのサーブミスだけど、そのおかげで流れが変わったっていう展開は良いですね~。
そして、マッチポイントで山口がまた登場でサービスエース!っていうことになるのかな~?
それにしても大地がかっこいい!

[ワールドトリガー]
やっぱりワンピが休載だけだったからっぽいな~。
ほんと迅はエリートですね~。
ボーダー側にも話が分かる人がいないとね。
空閑っていう名前に反応しまくるお偉いさんたち。
打ち切りになっても伏線を消化できるような感じもしつつ、ネイバー側に新しい情報が提示されました。

[SKET DANCE]
それぞれのキャラの個性を1話で詰め込んできたのは、さすがにお腹いっぱい(笑)。
なんで喋らなくなったのかは、次回で分かりそうですね。

[BLEACH]
斬月のおっさん=ユーバッハ
たしかに顔が似てるけど、ものすごく長い伏線だったな~。
ブリーチも終わりが近づいてると思うけど、最近はほんとに面白いのでこのままで頑張って欲しい!

[逃がし屋](読切)
岡本喜道先生の読切です。
最近、煙が流行ってるの?
特に目新しさはないので感想があまり出てこないですけど、つまらないギャグ漫画を載せるよりは良かったかな~と。


来週は久しぶりに読切がないっぽい。
そして、スモーキーは最初の他校との練習試合か公式戦が始まるまではスルーしようかなと。

ナルトやブリーチの終わりが見えてきたけど、バトル漫画でこの2つ並に人気が出る漫画がそろそろ出ないとジャンプはやばいだろうな~。

96時間/リベンジ

// 2012年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
96時間/リベンジ
[Taken 2]

// Directed by
Olivier Megaton

// Cast
Liam Neeson(1952/6/7)
Maggie Grace(1983/9/21)
Famke Janssen(1964/11/5)
Leland Orser(1960/8/6)
D.B. Sweeney(1961/11/14)
Olivier Rabourdin(1961/11/14)

// あらすじ
警護の仕事を終え、イスタンブールで休暇を迎えた元CIA秘密工作員のブライアン。彼は、ホテルで元妻のレノーアと娘キムとともに家族水入らずで過ごし絆を取り戻そうとしていた。ところが、かつて彼に息子を殺されたアルバニア系犯罪組織のボスが密かに復讐計画を実行。レノーアを誘拐されたブライアンは、敢えて自らも組織に捕えられることを選択する。一方、辛くも難を逃れたキムはイスタンブールの街を彷徨い続ける。果たして、捕らわれの身のブライアンに起死回生の脱出策はあるのか。そして、捕らわれて重傷を負ったレノーアと、敵に追われるキムを同時救出することは出来るのだろうか……。家族への愛のため、再び"無敵の父親"へと変貌を遂げていく。
(amzon.co.jpから抜粋)

// YouTube
映画の予告編です。約1分54秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
まさかの続編。
内容はあらすじを読んでもらえれば半分以上は分かるかと思います。

前回は娘がさらわれて物語が動き出したけど、今回はブライアン(Liam Neeson)とレノーア(Famke Janssen)の元夫婦がさらわれるのを娘が電話越しで聞いて物語が動き出すっていう、前回と一緒の人物なのに立場が逆っていうのは良いと思いました。
ただ、さらわれる前にブライアンとキム(Maggie Grace)が携帯で話してるけど、敵さんたちは悠長に待ってくれたな~って(笑)。
こういう感じでちょいちょいツッコミどころがあるんですけど、とりあえずブライアン無双なのを見る映画なので!

レノーアの今の旦那さんのザンダーが出るかな~?って思ったけど出てなかったのは、めっちゃ残念。
しかも、仲が上手くいっていなくて別居中っていう。
たしかに、ブライアンが元夫だと怖いよね。うん。

前作からの登場のジャン=クロード(Olivier Rabourdin)さんって、ただ痛めつけられただけ?
あの後、どうなったのかがけっこう気になってたり。

暴走親父ことブライアンを演じるLiam Neesonが、めちゃめちゃかっこいい!
taken2-1.jpg
これは揺るぎない事実ですごく良かったんですけど、前作で完結してても良かったんちゃうかな~。
また、かっこいい姿を見ることが出来たのは嬉しんですけどね~。

続編が作れるような伏線はあって、ブライアン無双をまた見たいって気持ちもあるけど、蛇足感もすごくするんですよね~(: ̄Д ̄)
かっこいいブライアンを見る映画ってのはわかってるんですけどね...。

それにしても、サムってめっちゃすごい人やったんや...(゚д゚)
そして吹替版のブライアンは石塚運昇さん。
ブライアンがいつの間にかホレイショに見えてくるという不思議。


【ネタバレ】
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ネタバレ気にせず書いてます。

やっと読めた~~~!

簡単に整理すると、燈はオケラを違う意味で倒して、人数を減らされ傷つきながらも1班と2班は無事に合流。
アレックスは確実に気づいてしまったのか、近づいてきたゴキを瞬殺。
アレックス、接近戦もつえ~~~。

手当を受けるもの、ミッシェルに引っ張りあげられたもの(笑)...etc
とりあえず、小吉も慶次も無事に合流。

そして、地球では一郎の姿が...!

いや~面白い!
けど、まだ火星では1日しか経過してないってね...。
密度濃すぎるでしょ、これ。

次週の展開が全く予想できないけど、地球の話なのか別の班の話なのか...
そろそろジェセフの能力を知りたいな~。
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

525.jpg

★エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~
(北欧の作品なので気になる)

★超時空戦記 レヴェレーター
(SFものがたまに見たくなる)

★レ・ミゼラブル
(結局、映画館で見れず(: ̄Д ̄))

ラッセルの歌声が非常に楽しみ(笑)。
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

comic-19.jpg
脚本:岡エリ
作画:皆川亮二
イブニングで2007年8号 - 連載中

ネタバレ気にせず書いてます。

ずっと気になってた漫画でした~。
(レンタルコミックって良いですね!)

宝石使い(ジュエルマスター)と呼ばれる特殊能力を持っているキャラクターたちが出てくる、アクションもありつつミステリ要素もありつつでバラエティにとんでます。
宝石の説明とか入ったりしてちょっとした雑学もあって、そういう部分でも面白いです( ´ ▽ ` )

謎の組織シャニに立ち向かう主人公の流崎麗華を中心に、前半は進んでいきます。
シャニ絡みの話はもちろんありますけど、全く関係ない話もあったり。
大体、1つのエピソードを1~2話で少し長いものでも3~4話ぐらいです。

話すが進むと麗華にも仲間が~。
エメラルドの宝石使いのエスメラルダ、ルビーの宝石使いのヒロミの2人を中心に、時にはシャニの中心人物であるジンやサエコも助けに入ったり。
他にも宝石使いが出てきたりと、キャラクターが個性的で魅力的なんですよね!

8巻では麗華の父親の謎とか色んなことが分かってきて、更に目が離せなくなってきてます!
そして、まさかの麗華が告白(笑)。

いや~ほんまに一気に読んでしまった( ´ ▽ ` )
謎を追っていく話ももちろん面白いんですけど、社会問題を上手く話に入れたりしてるし、ヒロミの文化祭とかも面白かったし...etc

まじで先が気になる!
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

ブレイクアップ

// 2011年作品 / 観た日:2013年5月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
ブレイクアップ
[Pressed]

// Directed by
Justin Donnelly

// Cast
Luke Goss(1968/9/29)
Tyler Johnston(1987/6/14)
Michael Eklund(???)

// あらすじ
突然リストラされたブライアンは、バーで再会したジミーに持ち掛けられた麻薬ビジネスに手を出すが、出資金を乗せた車を少年たちに奪われ…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分46秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
最近、Luke Goss作品をよく見てる気が。

突然リストラされてしまい、どうにかして妻に知られずに再就職しようとするけど、たまたま立ち寄ったバーに学生の時の同級生がマスターをしていた。
意気投合したのが運の尽き、ブライアンの人生はどうなってしまうのか...
こんな感じかなと。
ブライアン(Luke Goss)の他に、第二の主人公って言えるジェシー(Tyler Johnston)の境遇も展開によく入ってきます。

Luke Gossのスーツ姿はよく見るけど、ネクタイしてるのは初めてというか普通の仕事をしているのが新鮮(笑)。
ステイサムと似てるので、似たような路線にいこうとしてるのかな~って思いつつ、ステイサムと違って
『どうなるんやろ...?』
っていうドキドキはあるんですよね。
ステイサムの場合だと、どんなことが起こっても大丈夫でしょ。どうせって思ってしまう。
なので、最後までどうなるのかは読めなかったですね。

早く、町を出れば良かったのにね。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ

// 2012年作品 / 観た日:2013年5月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ
[Here Comes the Boom]

// Directed by
Frank Coraci

// Cast
Kevin James(1965/4/26)
Salma Hayek(1966/9/2)
Henry Winkler(1945/10/30)
Greg Germann(1958/2/26)
Gary Valentine(1961/11/22)
Joe Rogan(1967/8/11)
Bas Rutten(1965/2/24)
Jackie Flynn(???)
Mike Goldberg(1964/11/24)

// あらすじ
学校の経営難による校内の音楽活動廃止と、顧問・マーティーの解雇を知らされた生物教師・スコット。怒りに燃える彼は、資金調達のために総合格闘技大会に出場することを決意するのだが…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分33秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
いや~面白かった(≧∇≦)

先生としての情熱もなくダラダラと過ごしてた生物教師のスコット(Kevin James)が、学校の経営難を解決するために奔走する!
ひょんなことからUFCの試合を観て試合するだけで負けてもお金が稼げると知り、無謀ながらも総合格闘技の世界へ...
って感じです。

学校のために頑張ることで、教師としての情熱もどんどん取り戻していくっていう王道な展開なんですけど、その主人公を演じているKevin Jamesがすごく良かったです!
他人をほっとけない根はすごく良い人で、応援したくなるんですよね。
ほんまにベタなんですけど、そこが良いんです( ´ ▽ ` )
後半になってくるとかっこ良く見えてくるんですよね~。

吹奏楽の顧問のマーティー(Henry Winkler)も必死に協力するんですけど、ちょっとずれてて空回り(笑)。
ニコ(Bas Rutten)がスコットに格闘技を教える先生になるんですけど、ニコも中々良いキャラしてる( ´ ▽ ` )
そして、実際でも実の兄で映画でもスコットの兄を演じたGary Valentineも良かったです!
久しぶりなGreg Germannや、[Fear factor]見てたな~って思ったJoe Rogan...etc
格闘家の人もたくさん出てました~。

やっぱりコメディって、最後まで楽しませてくれるので大好きやなって( ´ ▽ ` )
格闘技のことを知らなくても全然楽しめるんですけど、この邦題のセンスのなさが...。
唯一、残念に思いました。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

読んだ漫画のみです。

[食戟のソーマ]
やっぱりコスプレさせないとあかんってことやね。

[暗殺教室]
サクっと終わったけど、何やら波乱の予感。

[スモーキーB.B.]
野球漫画なので一応読んでますけど、惹かれる感じが全然しない。
もうちょっとだけ様子見。

[ワールドトリガー]
掲載順が突然あがったけど、ワンピが休載だからっぽい気もする。
黒トリガーっていう新要素が出てきたけど、黒トリガーに対抗するのに黒トリガーだとインフレが激しくなりそうですね。
ここで人気でなかったら打ち切りだろうな~。

[トリコ]
愛丸の目が怖かったです。

[斉木楠雄のΨ難]
サイダーが飲みたくなってしまった。

[BLEACH]
マユリは何を作ってるんだか...
そしてコマのパワーアップイベントか?
そんなことよりも大前田の妹と弟がなぜか登場。
弟がひどい(゚д゚)

[SOUL CATCHER(S)]
打樋の心を掴んだ神峰。
打楽器を雷に表現するのは分かりやすいな~。
次はトランペットのパートリーダー奏馬っていう人が出てくるみたいですが、暴君って言われてるって...(笑)。
まさか?あの人てきな人が!?

[ハイキュー!!]
良い試合ですね~!
そしてここで山口登場!
活躍しそうにない表情だったけど、どうなることやら...。


またあの浮世絵ギャグ漫画載ってる(笑)。
そしてもう1本のギャグ漫画の読切は、読む気にはなれなかったな~。

来週も読切がありますね。
逃がし屋ってタイトルは分かりやすいけど、オサレな感じが欲しい。

comic-18.jpg
作者 : 荒木飛呂彦
ウルトラジャンプで2011年6月号 - 連載中

ネタバレ気にせず書いてます。

スティール・ボール・ランは途中から読んでないのに、読んじゃいました。

久しぶりにジョジョを読んだんですけど、やっぱりジョジョですね。
舞台が第四部で登場した杜王町ってことですけど、繋がりは名前だけっぽい?

とにかく謎だらけで、主人公とおもわれる水兵さんのような格好をしている地面に埋まっていた男。
それを偶然に助けてしまう広瀬康穂。
そして、吉良吉影という名前が...!

1巻で分かったのは、主人公は記憶喪失でスタンドが何故か使えて身体に歯型のような跡があり星形のアザがある。
マンションの部屋で敵に襲われてたけど、数日前まではそこにいてどうにかして脱出した。
スタンド名は ソフト&ウェット。
シャボン玉が作り出して、そのシャボン玉が物体に当たると何かを一時的に奪うっていう能力みたいです。
応用力が高そうだけど、なんか微妙だな~っていうのが今のところの感想です。

やっぱり面白いな~って思いつつ、2巻も早く読もうと思います!
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

コマンド・フォース

// 2011年作品 / 観た日:2013年5月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
コマンド・フォース
[Pyataya kazn]

// Directed by
Aleksandr Yakimchuk
Elena Kovaleva

// Cast
Rutger Hauer(1944/1/23)
Fedor Emelianenko(1976/9/28)
Pawel Delag(1970/4/29)
Kim Bo-Sung(1966/6/27)
Valeriy Nikolaev(1965/8/23)
Valeriy Solovyov(???)
Michael Madsen(1957/9/25)

// あらすじ
東南アジアの研究施設でロシア人研究者が消息を絶ち、ロシア特殊部隊が救出に向かう。だがそこで待ち受けていたのは、国際軍事企業の陰謀と、アメリカ傭兵部隊による罠だった。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分30秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
ヒョードル出てた~(笑)。
ヒョードル出演ってことで格闘シーンは他の人より長かったかな。

久しぶりのロシア映画。
内容はあらすじを読んでもらえると大体分かるかと~。
よくある設定なんで余計なことを考えずに見れます( ´ ▽ ` )

主人公チームのロシア特殊部隊と民間人(研究者)3名で、研究室で何が起こったのか?っていうのを調べに行くんですけど、主人公チームには韓国人の兵士もいたりしてます。
民間人のリーダーっぽい男と女性は昔に何かあったっぽい感じやけど、その女性のことを好きになっちゃった韓国人兵士の妙な三角形(笑)。
はっきりとした描写はなかったけど、最後のあの展開に持っていきたいから強引にいれたんかな?

主人公チームの面々がけっこう良いキャラしてるというか良い人ばっかりだっただけに...。

そして、仕事を選ぶ気がないの?なマドセン(笑)。
安定安心の悪役でした( ´ ▽ ` )
仕事をし続けたい人なんかな~。

思ってたよりも面白かった~途中までは。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 MIXJUICE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。