色んな味(内容)をお楽しみ下さい。

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション

// 2011年作品 / 観た日:2011年9月 / 劇場鑑賞

// タイトル
スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
[Spy Kids: All the Time in the World in 4D]

// Directed by
Robert Rodriguez

// Cast
Jessica Alba(1981/4/28)
Joel McHale(1971/11/20)
Jeremy Piven(1965/7/26)
Danny Trejo(1944/5/16)
Ricky Gervais(1961/6/25)

// あらすじ
匂いも飛び出しちゃうよ!
(レンタルになったらどうするんやろうか)

// YouTube
映画の予告編です。約2分07秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。

// Review
ピヴェンが出てるって知ってから、めっちゃ楽しみにしてました!

人気シリーズ4作目ってことで、安心して観れます。
このシリーズ好きな人は安定して楽しめるかと思います(*´∀`*)
新しいスパイキッズの2人も個性がハッキリしてるし、父親がスパイじゃないのも良かったかな~。
そして前作のスパイキッズの2人も成長した姿で登場します。

って書いてますけど、とにかくピヴェンが良かった!
spykids4-1.jpg
楽しそうに演技してる感じやし、まさかのワラワラ感(笑)。

他にはRicky Gervaisが犬の声をしてました~。
どうせなら本人も出てきてくれたら良かったのにな~。

これは映像特典とか満載だったらDVDとか買っちゃいそうだ。


【ネタバレ】
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

// 2011年作品 / 観た日:2011年9月 / 劇場鑑賞

// タイトル
劇場版テニスの王子様 英国式庭球城決戦!
[---]

// Directed by
多田俊介

// Cast
---

// あらすじ
さすがのネーミングセンス!

// YouTube
動画なし。

// Review
まさか映画館で観ることになるとは...(笑)。
ちなみにギャグ漫画として見てるので、そういう感想になります。

もう、ツッコミどころが満載すぎて何から言えばいいのか分からなくなるほど(*´∀`*)
なので気になったところを箇条書き。

・白馬の王子様
・沖縄に帰れるといいね
・ジェミニ
・万有引力
・万有引力
(大切なことなので2回書きました)

他にもたくさんありましたけど、万有引力が出てきたときはビックリしたな~(笑)。

そんなわけで、かなり面白かったです(*´∀`*)
ただ、ゲスト声優でキースをしている人はちょっと聞いてられなかった。
シウの声をしてた人はすごく上手いな~って思ったので、余計にそう感じたのかも。
結局、映画になると声優じゃない人が出てくるのはやめて欲しいってのは変わらないですけどね。

完全に自分...浮いてたな...(笑)。
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

精神科医ヘンリー・カーターの憂欝

// 2009年作品 / 観た日:2011年9月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
精神科医ヘンリー・カーターの憂欝
[Shrink]

// Directed by
Jonas Pate

// Cast
Kevin Spacey(1959/7/26)
Mark Webber(1980/7/19)
Dallas Roberts(1970/5/10)
Robin Williams(1951/7/21)

// あらすじ
精神科医ヘンリー・カーターはベストセラーを出版しテレビにも出演。彼のもとにはハリウッド映画界で活躍する脚本家やピークを過ぎた女優をはじめ、セレブな顧客がひっきりなしに訪れる多忙な毎日を送っていた。しかし誰もが羨むような生活の裏ではアルコール、喫煙、ドラッグにはまった生活だった…。
(Oriconデータベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分26秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。

// Review
セラピーって体験したことないな~。

なんでヘンリー(Kevin Spacey)は自暴自棄な生活をしてるのかっていうのは途中で分かるんですけど、それまでに色々な人たちが出てきます。
成功している脚本家、ハリウッドの大御所役者、落ち目の女優、そして学生のジェマ。
って感じで、最後は全て繋がっていくのかな~って思ったら...(続きはネタバレで)。

久しぶりのKevin Spaceyってことで観ました~。
説明しにくいですけど、こういう感じの役は合ってるな~って。
ほとんどドラッグ吸ってばっかりやったけど(笑)。

これまた説明しにくいけど、嫌いじゃないな~って感じでした。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

THE LINE 殺しの銃弾

// 2009年作品 / 観た日:2011年9月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
THE LINE 殺しの銃弾
[La linea]

// Directed by
James Cotten

// Cast
Ray Liotta(1954/12/18)
Andy Garcia(1956/4/12)
Esai Morales(1962/10/1)
Armand Assante(1949/10/4)
Kevin Gage(1959/5/26)
Bruce Davison(1946/6/28)
Danny Trejo(1944/5/16)
Gary Daniels(1963/5/9)
Jonathan Fraser(1967/11/1)

// あらすじ
麻薬組織のボス・サラザールは引退を決意し、後継者にペロンを指名する。以来、内部抗争に火が点きペロンの命が狙われることに。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
キャスト濃いな~って思ったので思わず。

内部抗争が中心って感じやったかな。
ま~特に目新しくもない感じで、スナイパーのRay Liottaがどう絡んでくるんかな~って思ってました。
Andy Garciaも絡んでくると思ったら、病人の役だったとは...ちょっと残念。
この2人が戦うのかと思ってたので(笑)。

そしてArmand Assanteさんですが...
lalinea-1.jpg
まさか神父さんの役をみれるとは...ビックリ(笑)。
それだけで、見て良かったです(*´∀`*)

他にもなんで出ちゃってるの?Danny Trejoや、Gary Danielsさん久しぶりです。
って感じで、知ってる顔がけっこういたのも良かったです!

色々と書きましたが、オススメはせ~へんかな(笑)。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

グリーン・ランタン

// 2011年作品 / 観た日:2011年9月 / 劇場鑑賞

// タイトル
グリーン・ランタン
[Green Lantern]

// Directed by
Martin Campbell

// Cast
Ryan Reynolds(1976/10/23)
Blake Lively(1987/8/25)
Peter Sarsgaard(1971/3/7)
Mark Strong(1963/8/30)
Tim Robbins(1958/10/16)
Taika Waititi(1975/8/16)
Jon Tenney(1961/12/16)
Temuera Morrison(1960/12/26)
Jeff Wolfe(???)
Geoffrey Rush(1951/7/6)
Michael Clarke Duncan(1957/12/10)

// あらすじ
緑の光は意志の力。

// YouTube
映画の予告編です。約2分29秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。

// Review
なんでグリーンなんやろうと思ってました。
DCコミック原作のアメコミの映画化です。

オアというところで、宇宙の平和を昔から守っているのがグリーン・ランタン。その一員になるには大変な名誉と、大いなる責任が伴う。平和を守っているグリーン・ランタンがある無人の惑星で謎の死をとげる。
グリーン・ランタンの1人であるアビン・サーも致命傷をおうが、近くの星だった地球に逃げる。そして、地球人として初のグリーン・ランタンになるハル・ジョーダンに待ち受ける過酷な運命とは...。
次週、『限界突破!意志の力ってすごいんです。』に乞うご期待!

って感じで、よくあるアメコミの導入部分ですね。ハルっていうキャラが普通の人の感覚に近いのが良かったです~。突然、正義に目覚めたりとかじゃないのが(笑)。

自分がイメージしたものを具現化できるっていう能力は、ほんまにバリエーションが増えるし面白くできる要素なのでもっと出てきて欲しかったな~。仲間との連携だったりとかもあったら良かったのに。

良かったキャラは、ハルの親友のトムとかヘクターかな~。
シネストロさんはもっと見たかったかな(笑)。
後、ハルの父親はどっかで見たことあるなーって思ったら[クローザー]に出てる人でした。

Ryan Reynoldsって売れっ子になったな~と。
海外ドラマに出てる時から考えると、すごい出世。

笑わせるところもあったりと緩急のつけ方は良かった気がするんですけど、ラストの戦いはもっと頑張って欲しかったな~。ヘクターとの戦闘や訓練の時みたいに、同じような大きさでの戦闘がもっと見たかったな~。続編がありそうな終わり方だったので、もしあの人があの大きさのままなら期待(笑)。

と、3D字幕で見たんですけど。
ほんまに3D映画が嫌いで字幕版は初めて観たんですけど、字幕浮きでなくてええねん。立体視にみえるからなんなん、って思ってまうので(´・ω・`)
ほんまに疲れるだけ...。これからの映画館で上映する洋画って3Dがほとんどになるんやろうな~。ほんまゾッとする。

最初にグリーンパンチで吹っ飛んだ人たち。
大丈夫なんだろうか?
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

ザ・キング・オブ・ファイターズ

// 2010年作品 / 観た日:2011年9月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
ザ・キング・オブ・ファイターズ
[The King of Fighters]

// Directed by
Gordon Chan

// Cast
Maggie Q(1979/5/22)
Sean Faris(1982/3/25)
Will Yun Lee(1971/3/22)
Ray Park(1974/8/23)
David Leitch(???)
Mike Dopud(1968/6/10)

// あらすじ
戦いに勝った者だけが次の試合に進めるファイターズのトーナメント。女ファイターの不知火舞と八神一族の八神庵は、復讐の時を狙うルガールに力を与える悪霊・オロチを封印するため、草薙剣を探し始める。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
これは酷いヽ(*´∀`)ノ
ストーリーも酷いけど...(笑)。

とにかく、キャラの名前だけもらってます~って感じです。誰一人、ゲームのキャラクターに似ていない!
というか似せる気がないのかな。格闘ゲームが実写映画になったのだと鉄拳はキャラクターに似せようと努力してるな~ってすっごい感じたので、ほんまにこれは酷いなーと。内容よりもそこばっかり気になってしまいました。
あ、マチュアとバイスはましだったかも(笑)。
あ、柴舟はある意味頑張ってた気がする!

酷いって思った方たちは、ルガール、京、テリーかな。
これのどこがルガールやねん(´・ω・`)ってほんまに残念でした。
好きなキャラやから更に最悪だった。
京は人種が変わってるし、テリーはドン臭いおじさんになってるし...。
必殺技とかないのもな~。

なんでこれを世に出したのか、ほんまに謎です。
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

レッドストーム

// 1999年作品 / 観た日:2011年9月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
レッドストーム
[Der Feuerteufel - Flammen des Todes(TV)]

// Directed by
Curt M. Faudon

// Cast
Heino Ferch(1963/8/18)
Erwin Steinhauer(1951/9/19)

// あらすじ
美術館を次々と爆破する謎のテロリスト。彼の凶行に立ち向かう、美術学生レナと犯罪心理捜査官ベンダーの姿をサスペンスフルに描く。
(DVD NAVIGATORデータベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
一瞬だから苦しまずに済む?

犯人は誰なんやろう?って感じの、至って普通なサスペンスものでした。
犯人もこの人やろうな~って思ったらその人だった(´ω`)

Heino Ferchが出てたので観ました~。
derfeuerteufel-1.jpg
主役のレナを守る犯罪心理捜査官ベンダー役だったので、しょっちゅう出てきてのは良かった!
ただ、普通の刑事の役でも良かった気がする(笑)。
あの爆発よりすごい爆発あったのに、なんであんなにケガしたの?(笑)
derfeuerteufel-2.jpg

そんなに期待してなかったからなんか、普通に楽しめました(*´∀`*)
なんか、動機とかよくわかんなかったけど(*´∀`*)
気持ち悪かったし(*´∀`*)

美術館行きたいな~。
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ドゥームズデイ・プロフェシー

// 2011年作品 / 観た日:2011年8月 / CS・地上波鑑賞

// タイトル
ドゥームズデイ・プロフェシー
[Doomsday Prophecy(TV)]

// Directed by
Jason Bourque

// Cast
A.J. Buckley(1978/2/9)
Jewel Staite(1982/6/2)
Bruce Ramsay(1966/12/31)
Rick Ravanello(1967/10/24)
David Richmond-Peck(???)

// あらすじ
“太陽系と銀河系の赤道が直列した時、世界が終わる”との預言を遺したルパート・クレイン。やがて地殻変動により黒海が消滅し、地球は内部から崩壊を始める。さらに、巨大なブラックホールが地球に迫り…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
DVD版のタイトルは【グランド・クロス ドゥームズデイ・プロフェシー】で、9/2発売でーす。

日米同時放送?っていうのをしてたみたいです。
なんだかグローバル。

あらすじに書いてあることから、地球を救うためにA.J. BuckleyとJewel Staiteが奮闘する!っていう展開です。
最初は戸惑っている2人やけど、どんどん2人ともカッコ良くなっていくんですよね。
なぜクレインはこの2人を選んだのか?
なぜ政府はクレインを追っていたのか?
等々、ちょっとした伏線もありつつ、オーソドックスなSFものでした。

ってことでA.J. Buckleyが出てたので観ましたー。
doomsdayprophecy-1.jpg
アダムのイメージがやっぱり強いので、アクションシーンとかあるのが意外でした(笑)。
最初はどこにでもいるような出版社の人なのに、どんどん頼もしくなってカッコよくなっていくんですよね~。
doomsdayprophecy-2.jpg
これだけ銃が似合うとは思わなかった。

見たことある人達がけっこう出てたので、全くだれることなく観れました~(*´∀`*)
ただ、相当数の人たちが死んでいきますけど...。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 MIXJUICE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。