色んな味(内容)をお楽しみ下さい。

admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

movie-eisu32.jpg

// 2014年作品 / 観た日:2015年1月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~
[300: Rise of an Empire]

// Directed by
Noam Murro

// Cast
Sullivan Stapleton(1977/6/14)
Eva Green(1980/7/6)
Callan Mulvey(1975/2/23)
David Wenham(1965/9/21)

// あらすじ
かつて100万人の敵に立ち向かったスパルタ兵300人の誇り高き魂を引き継いだギリシア戦士の戦いを描く。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分29秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
なるほど~こういうことか~って感じだったので、出来れば前作も観てた方がいいですね。

今作は海上戦で、作戦にハメて劣勢を覆したりとかもあったりはするんですけど、なんかいまいち。
主役のテミストクレス(Sullivan Stapleton)は、普通にカッコいいんですけど身体に厚みがないな~。
スパルタの人じゃないからって言えば、それまでなんですけどね。
でもやっぱり、見るからに強いっていう感じは出して欲しかったです。

相変わらず、腕や足が飛んだり、血しぶきヒャッハーな映像ばっかりなんですけど、その剣、斬れすぎだろ(笑)。
弓矢とか投槍も標的に確実に当たるし、どんだけすごいんだよ(笑)。
そういう映画だから気にしたら負けですけど(゚▽゚*)

中途半端なところで終わるので、次もあるのかな?
あるとしたら次で最後かなーとは思いますけど。

それにしても、あの人強すぎ。
さすが、スパルタの人ですね(・ω・)


【ネタバレ】
スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

movie-ei71.jpg

// 2008年作品 / 観た日:2014年5月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
New York 結婚狂騒曲
[The Accidental Husband]

// Directed by
Griffin Dunne

// Cast
Uma Thurman(1970/4/29)
Jeffrey Dean Morgan(1966/4/22)
Colin Firth(1960/9/10)
Sam Shepard(1943/11/5)

// あらすじ
ラジオの人気番組を持つエマは、ある日恋愛相談に乗った女性に別れた方が良いと忠告する。その結果振られた消防士のパトリックがエマに復讐を企て…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分40秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
久しぶりのラブコメです。

出会いのきっかけ作りは犯罪ですが、王道ラブコメストーリーでした。
こういう時の恋のライバルの男キャラって、めっちゃ良い人ですよね。
なので、くっついた2人を素直に喜べないです。だいたい(笑)。

Jeffrey Dean Morganは、こういうキャラ合ってる気がします。
Colin Firthもこういうキャラ合ってるし(笑)。
そんな2人を見れたから見て良かったです( ´ ▽ ` )

けっこう楽しめましたけど、2008年作品が今になって公開か~。
2000年代の作品はもっと日本で見れたらな~。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

HUNTERS ハンターズ

// 2011年作品 / 観た日:2014年2月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
HUNTERS ハンターズ
[The Hunters]

// Directed by
Chris Briant

// Cast
Steven Waddington(1968)
Tony Becker(1963/9/14)
Terence Knox(1946/12/16)

// あらすじ
ロニーら5人の男たちは、廃墟となった軍事施設“ゴーベン要塞”で密かに“人間狩り”を楽しんでいた。そこへ、アフガン帰還兵の刑事・ルセイントとアリスという女がやって来て…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
なんでレンタルしたんだっけ?

人間狩りをしている集団 vs 元兵士の刑事 ってなるまでに長かったな~(・ω・)
マンハント軍団は妙に仲が良いのはこの手の映画にしては珍しいのかな?
あんまりこういう感じの映画って見ないのでよく分からず。

とりあえず、渋い人たちが出てた映画っていう記憶になりそうです(笑)。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊

// 2013年作品 / 観た日:2014年1月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
ZMフォース ゾンビ虐殺部隊
[Zombie Massacre]

// Directed by
Luca Boni
Marco Ristori

// Cast
Christian Boeving(1969/6/5)
Mike Mitchell(???)

// あらすじ
元軍人のジャックたちは米大統領の極秘指令により、ゾンビに支配された都市を核爆弾で破壊する任務を負うが…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分02秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
B級アクションものにゾンビってことで、期待する要素は一切ないな~って思いながら見ました(・ω・)

内容は、あらすじの通りで核爆弾でゾンビを一掃する作戦を成功させるために、軍人や傭兵たちのチームが~って感じですかね。
軍人の人がジャック(Christian Boeving)が主人公で有能ってことなんですけど...
臨機応変さがなさすぎる(笑)。
行き当たりばったりすぎ(・ω・)
良い人なんですけどね。

そんな良い人だけのジャックとは打って変わって通称マッドドッグと言われてる傭兵のジョン(Mike Mitchell)が良いキャラしてたんですよね。
相棒っぽい傭兵のスナイパーとの掛け合いはすごく良かったです。
おまけに、カッコ良いというか渋いんです。
zombiemassacre-1.jpg
ジョンがいなかったら最後まで見れなかったかな~って思うぐらい。
キャプテン!って思わず言ってしまうようなシーンもあったし(笑)。

内容は全然でしたけど、良いキャラが見れて良かったです。
ただ、最後のシーンはよく分からなかった...。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

12 TWELVE

// 2007年作品 / 観た日:2013年10月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
12 TWELVE
[Underground]

// Directed by
Chee Keong Cheung

// Cast
Mark Strange(1973/10/8)
Gary Webster(1964/2/3)

// あらすじ
ロンドンで行われている非合法の地下格闘トーナメント。軍人、キッド、技師、警官などといったコードネームで呼ばれる12人の参加者たちは、皆賞金のためなら命も惜しくない猛者ばかりで…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
格闘ものの映画が見たいって思ったので。

珍しいな~って思ったのは主役がいないっぽいんですよね、なので誰が勝ち上がっていくのか?っていうのは楽しめるかなと。
賭ける側も戦う側もそれぞれ理由があったりします(賭ける側の理由は微妙ですけど)。
ただ、2回戦あたりからこいつ勝ちそうって雰囲気があったりするのは仕方ないのかな~。

アクションシーンは本人たちが本当に演じているみたいです。
最初はおお~って思ったけど、同じようなアクションが多くて途中から飽きてしまいました。
そこに変化をつけるために3回戦は、今までとは違ったことにしたんやろうけど、トーナメントの意味ないな~って。

コードネーム、ホームレスのキャラとか雰囲気が良かったな~って思っただけの映画だったかな(苦笑)。


【ネタバレ】
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

movie-ei68.jpg

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / CS・地上波鑑賞

// タイトル
THOR(ソー) 生命の木とアスガルドの神々
[Almighty Thor(TV)]

// Directed by
Christopher Ray

// Cast
Richard Grieco(1965/3/23)
Kevin Nash(1959/7/9)
Cody Deal(1986/2/14)
Jess Allen(???)

// あらすじ
正義感は強いが傲慢な半人前の神・ソー。彼の父であり神々の王でもあるオーディンが、邪神・ロキの手に落ちてしまう。ソーはロキに復讐しようとするが、敵うはずもなく…。
(キネマ旬報データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分26秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
HDDに残ってたので整理も兼ねて。

最初からあのハンマーを持っていないっていう設定で、ロキがそれを奪うために攻めてくるっていう展開。
そんな感じで分かりやすいっちゃ~分かりやすいんですけど、色んな意味で酷かった(笑)。

オーディンは見た目も王って感じで良かったんですけど、ソーがアホすぎるので終始イライラ。
ロキを倒せるようになるために何年も待てないのは分かるけど、ほんまにアホ。

ソーが全く魅力がない変わりに、ロキは中々良かったんじゃないかな~と。
肉弾戦はそんなに強くないので、ちょいちょい劣勢になるところとか(笑)。

それにしても、久しぶりにひで~って思える作品でした(゚д゚)
見終わった後、そっと削除しました...(・ω・)


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

96時間/リベンジ

// 2012年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
96時間/リベンジ
[Taken 2]

// Directed by
Olivier Megaton

// Cast
Liam Neeson(1952/6/7)
Maggie Grace(1983/9/21)
Famke Janssen(1964/11/5)
Leland Orser(1960/8/6)
D.B. Sweeney(1961/11/14)
Olivier Rabourdin(1961/11/14)

// あらすじ
警護の仕事を終え、イスタンブールで休暇を迎えた元CIA秘密工作員のブライアン。彼は、ホテルで元妻のレノーアと娘キムとともに家族水入らずで過ごし絆を取り戻そうとしていた。ところが、かつて彼に息子を殺されたアルバニア系犯罪組織のボスが密かに復讐計画を実行。レノーアを誘拐されたブライアンは、敢えて自らも組織に捕えられることを選択する。一方、辛くも難を逃れたキムはイスタンブールの街を彷徨い続ける。果たして、捕らわれの身のブライアンに起死回生の脱出策はあるのか。そして、捕らわれて重傷を負ったレノーアと、敵に追われるキムを同時救出することは出来るのだろうか……。家族への愛のため、再び"無敵の父親"へと変貌を遂げていく。
(amzon.co.jpから抜粋)

// YouTube
映画の予告編です。約1分54秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
まさかの続編。
内容はあらすじを読んでもらえれば半分以上は分かるかと思います。

前回は娘がさらわれて物語が動き出したけど、今回はブライアン(Liam Neeson)とレノーア(Famke Janssen)の元夫婦がさらわれるのを娘が電話越しで聞いて物語が動き出すっていう、前回と一緒の人物なのに立場が逆っていうのは良いと思いました。
ただ、さらわれる前にブライアンとキム(Maggie Grace)が携帯で話してるけど、敵さんたちは悠長に待ってくれたな~って(笑)。
こういう感じでちょいちょいツッコミどころがあるんですけど、とりあえずブライアン無双なのを見る映画なので!

レノーアの今の旦那さんのザンダーが出るかな~?って思ったけど出てなかったのは、めっちゃ残念。
しかも、仲が上手くいっていなくて別居中っていう。
たしかに、ブライアンが元夫だと怖いよね。うん。

前作からの登場のジャン=クロード(Olivier Rabourdin)さんって、ただ痛めつけられただけ?
あの後、どうなったのかがけっこう気になってたり。

暴走親父ことブライアンを演じるLiam Neesonが、めちゃめちゃかっこいい!
taken2-1.jpg
これは揺るぎない事実ですごく良かったんですけど、前作で完結してても良かったんちゃうかな~。
また、かっこいい姿を見ることが出来たのは嬉しんですけどね~。

続編が作れるような伏線はあって、ブライアン無双をまた見たいって気持ちもあるけど、蛇足感もすごくするんですよね~(: ̄Д ̄)
かっこいいブライアンを見る映画ってのはわかってるんですけどね...。

それにしても、サムってめっちゃすごい人やったんや...(゚д゚)
そして吹替版のブライアンは石塚運昇さん。
ブライアンがいつの間にかホレイショに見えてくるという不思議。


【ネタバレ】
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 MIXJUICE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。