色んな味(内容)をお楽しみ下さい。

admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

movie-ta32.jpg

// 2010年作品 / 観た日:2015年8月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
ダバング 大胆不敵
[Dabangg]

// Directed by
Abhinav Kashyap

// Cast
Salman Khan(1965/12/27)

// あらすじ
チュルブルは悪党から大金をせしめる汚職警官だが、真の姿は弱者を守る正義の男。彼はラッジョーという美女に求婚するが、彼女の父親はアルコール中毒で…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分52秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
何かのDVDの新作情報で見て、
「なんじゃこりゃ。」
って思ったので見ましたー。

インド映画はあまり数は見てないですけど、ストーリー展開ってこんなにも雑だったかな...(笑)。
アクションシーンは面白かったけど、それいがいがなんとも...(苦笑)。
インド映画と言えば歌とダンス!ですけど、自分は特に面白いとは思わなかったです。

悪役の人がもっとごつかったら良かったのに。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

movie-to49.jpg

// 2010年作品 / 観た日:2014年09月 / CS・地上波鑑賞

// タイトル
トロール・ハンター
[Trolljegeren]

// Directed by
André Øvredal

// Cast
Otto Jespersen(1954/7/21)

// あらすじ
熊の密漁事件のドキュメンタリーを制作していた3人の学生は、謎の男・ハンスを尾行するうち、偶然トロールの撮影に成功し…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
感想を書いてたけど消しちゃったので、うろ覚えな感じで書いてます(苦笑)。

ドキュメンタリー風な感じで、学生と謎の男ハンス(Otto Jespersen)がトロールに迫っていく。
設定がけっこう作りこまれてるし、展開も面白くてついつい最後まで見ちゃいます。

自分が一番良かったのはハンスのキャラですね!
頼りになるのはもちろん、めっちゃ渋い!
そして、ユーモアも忘れない(笑)。
ほんと、良いキャラだったなー。
学生の方は特になんとも思わなかったけど。

ドキュメンタリー風な映画の中では、けっこうクオリティ高いと思うんですけど、ラストのあの展開はちょっとよく分からなかったかな...。
すっきり終わっても良かったかなって思います。
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

超時空戦記 レヴェレーター

// 2013年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
超時空戦記 レヴェレーター
[Scavengers]

// Directed by
Travis Zariwny

// Cast
Roark Critchlow(1963/5/11)
Sean Patrick Flanery(1965/10/11)
Louise Linton(???)
John Lee Ames(1980/6/17)

// あらすじ
宇宙で残骸回収を行うチーム・スカベンジャーズはカオス・ジェネレーターを手に入れる。それを知った宿敵・ジェケルは強奪を画策し…。
(キネマ旬報データベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
感想とは全然関係ないですけど、セル版は8月でレンタルはもうあります。

エネルギーが反応が出てた、宇宙を漂う残骸になってしまった宇宙船に乗り込むウェイク(Roark Critchlow)。
そこでエネルギーが反応が出ていた円柱状のものを発見し持ち帰る。
その際に、宿敵のジェケル(Sean Patrick Flanery)の宇宙船もその円柱状のものを奪いに、ウェイクの宇宙船を攻撃していた。
なんとか、逃げ延びたウェイクたちだが執拗に追ってくるジェケル!
こんな感じです。
円柱状のものがカオス・ジェネレーターって名前なんですけど、ジェケルが聞いたお告げからなので信憑性が(笑)。

CGとか宇宙船の内装とか、けっこう頑張ってたと思います。
違和感なくてすんなり見れました。
ただ、宇宙服がださかった(笑)。

キャラも主役のウェイクは良い意味で力が抜けてるけど、やる時はやるっていうリーダーって感じ。
クルーのエマーソンとは良い仲だけど過去になんかあったんやろうな~っていう。
ドクや12号とか、あと1人だれだっけ...(苦笑)。
敵側のジェケルは、別の世界に生きてるって感じで精神がちょっとやばいんですけど、それならもっと不気味さがあっても良かったかな~。
ジェケルとウェイクとエマーソンは昔は同じ仲間だったみたい。

セットとかキャラ設定とか良いのに、肝心の脚本が...。
普通に見れることは見れるんですけど、もっと世界観を説明してくれても良かったかな~。
スカベンジャーズのしてる仕事?ってその世界ではどういうふうに思われてるとか、戦争をしてたみたいやけど力関係はどうなんだとか...etc
そういう細かい部分もあったほうが良かったな~。
その宇宙には絶対的な力を持ったやつがいるとかね。

面白く出来そうな感じもあるし、そこそこ楽しめたのでもったいないな~って思いました。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デイアフター2020 首都大凍結

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
デイアフター2020 首都大凍結(後編)
[Ice(TVミニシリーズ)]

// Directed by
---

// Cast
Richard Roxburgh(1962/1/23)
Frances O'Connor(1967/6/12)
Claire Forlani(1972/7/1)
Patrick Bergin(1951/2/4)
John Leigh(1965)
Paul Ellis(???)

// あらすじ
西暦2020年。地球温暖化で多くの地域が砂漠化。イギリスにも難民が大挙し、国際封鎖を余儀なくされる。深刻化するエネルギー危機の対策として、北極圏の氷原の下に眠る石油掘削計画が進行していた。科学者のトムはグリーンランドで作業を行なうヘイロー社の掘削設備が氷原を破壊し新たな氷河期を招くと警告するが…。
(Oriconデータベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
ネットレンタル必殺の2枚組みは1枚ずつレンタルしてね!
ってことで、ミニシリーズの1話と2話を分けて収録してます。
1枚で2話収録できるのに...(゚д゚)
ってことで、2枚目の後編の感想です。

新しい氷河期が来てしまったイギリスに、家族の無事を信じて突き進むトムとサラ!
間一髪のところで助けられた2人は、飛行機でイギリスに向かうことに。
指が凍傷のサラが本当に凍傷?って思うほど、がんばりがすごい。
そして、トムの家族は家族で収容所にいるジャクリーンを助けに向かう。
後編は、家族の元へとにかく戻ろうとするトムと、今にも雪と氷で押し潰れさそうな収容所から脱出しようとするトムの家族を中心に展開します。

好感が持てるイギリス首相とか、最後はかっこいいトムの友人の大臣、そして飛行機で2人を見送ったひげもじゃおじさん(名前なんだっけ)...etc
好感が持てるキャラが多数いたのは良かったです。
それだけに、後半あたりで唐突に出てくるあの武装集団は、強引にあの展開にしたいだけじゃ?って思ってしまってなんだかな~って。

前編・後編でパニックものを2作品見た感じですね。
導入部分で終わるようなものもあるし、家族が都合よく離れ離れになってしまって家族を探すだけとかもあるし。
この作品だと、どうにかして解決策を見つけて解決する!っていうパターンじゃないだけかな。

リチャードさんだったので自分はだれずに見れましたけど、こういう作品を見慣れてる人はしんどいかも?
そう考えると、キャストの力って自分にはやっぱり大事だなと再認識。

やっぱり暑いも寒いも極端すぎるのは辛いですよね。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デイアフター2020 首都大凍結

// 2011年作品 / 観た日:2013年6月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
デイアフター2020 首都大凍結(前編)
[Ice(TVミニシリーズ)]

// Directed by
---

// Cast
Richard Roxburgh(1962/1/23)
Frances O'Connor(1967/6/12)
Claire Forlani(1972/7/1)
Patrick Bergin(1951/2/4)
Sam Neill(1947/9/14)
Werner Daehn(1965)

// あらすじ
西暦2020年。地球温暖化で多くの地域が砂漠化。イギリスにも難民が大挙し、国際封鎖を余儀なくされる。深刻化するエネルギー危機の対策として、北極圏の氷原の下に眠る石油掘削計画が進行していた。科学者のトムはグリーンランドで作業を行なうヘイロー社の掘削設備が氷原を破壊し新たな氷河期を招くと警告するが…。
(Oriconデータベースより)

// YouTube
動画なし。

// Review
ネットレンタル必殺の2枚組みは1枚ずつレンタルしてね!
ってことで、ミニシリーズの1話と2話を分けて収録してます。
1枚で2話収録できるのに...(゚д゚)
ってことで、1枚目の前編の感想です。

まさに導入部って感じで、自然災害パニックものの王道って感じでした。
地球温暖化が進んでるけど北極の氷を掘っても大丈夫だって~、そうそう溶けないっしょ~。
っていう目先の利益しか見えてない奴等が引き起こす、新しい氷河期!
氷河期のほうは2枚目なのでここでは書きません。

新たに起こる自然の脅威の元凶はこいつらです!っていうのを、前編で丁寧に描いてます。
よくある作品だとこれで終わりだったりしますけど、これは続くんですよね。さすがミニシリーズ。

必死になって食い止めようとするトムを演じてたのがリチャードさん。
久しぶりに見ました~( ´ ▽ ` )
やっぱりかっこええ~な~って思いつつ、トムって別に誰が演じても良いよな~とも思いつつ(笑)、貴重な主演なので見れて良かったです!

トムの家族も描かれてたのは後編のためか~と思いつつ、あの逮捕劇は横暴すぎるな~。

そんなわけで後編へ!


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ

// 2012年作品 / 観た日:2013年5月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ
[Here Comes the Boom]

// Directed by
Frank Coraci

// Cast
Kevin James(1965/4/26)
Salma Hayek(1966/9/2)
Henry Winkler(1945/10/30)
Greg Germann(1958/2/26)
Gary Valentine(1961/11/22)
Joe Rogan(1967/8/11)
Bas Rutten(1965/2/24)
Jackie Flynn(???)
Mike Goldberg(1964/11/24)

// あらすじ
学校の経営難による校内の音楽活動廃止と、顧問・マーティーの解雇を知らされた生物教師・スコット。怒りに燃える彼は、資金調達のために総合格闘技大会に出場することを決意するのだが…。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約2分33秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
いや~面白かった(≧∇≦)

先生としての情熱もなくダラダラと過ごしてた生物教師のスコット(Kevin James)が、学校の経営難を解決するために奔走する!
ひょんなことからUFCの試合を観て試合するだけで負けてもお金が稼げると知り、無謀ながらも総合格闘技の世界へ...
って感じです。

学校のために頑張ることで、教師としての情熱もどんどん取り戻していくっていう王道な展開なんですけど、その主人公を演じているKevin Jamesがすごく良かったです!
他人をほっとけない根はすごく良い人で、応援したくなるんですよね。
ほんまにベタなんですけど、そこが良いんです( ´ ▽ ` )
後半になってくるとかっこ良く見えてくるんですよね~。

吹奏楽の顧問のマーティー(Henry Winkler)も必死に協力するんですけど、ちょっとずれてて空回り(笑)。
ニコ(Bas Rutten)がスコットに格闘技を教える先生になるんですけど、ニコも中々良いキャラしてる( ´ ▽ ` )
そして、実際でも実の兄で映画でもスコットの兄を演じたGary Valentineも良かったです!
久しぶりなGreg Germannや、[Fear factor]見てたな~って思ったJoe Rogan...etc
格闘家の人もたくさん出てました~。

やっぱりコメディって、最後まで楽しませてくれるので大好きやなって( ´ ▽ ` )
格闘技のことを知らなくても全然楽しめるんですけど、この邦題のセンスのなさが...。
唯一、残念に思いました。


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デス・レース3 インフェルノ

// 2012年作品 / 観た日:2013年5月 / ビデオ・DVD鑑賞

// タイトル
デス・レース3 インフェルノ
[Death Race: Inferno]

// Directed by
Roel Reiné

// Cast
Luke Goss(1968/9/29)
Ving Rhames(1959/5/12)
Danny Trejo(1944/5/16)
Dougray Scott(1965/11/25)
Fred Koehler(1975/6/16)
Tanit Phoenix(1980/9/24)
Bart Fouche(???)
Jeremy Crutchley(???)

// あらすじ
刑務所で行われるデス・レースであと1勝すれば自由の身となれるルーカスが、アフリカの砂漠を舞台に新たなレースに挑む。
(キネマ旬報社データベースより)

// YouTube
映画の予告編です。約1分37秒。
ネタバレになる場合もあります。ご注意下さい。
*再生の際は音量にご注意を。
*色々な原因で再生出来ない事もあります。
*動画が小さくて観づらい場合は、再生ボタンではなく画面をクリックして下さい。


// Review
2からの正当な続編です。
前作からの主要キャラ(主役チームの人たち)も続投してるのは良かったです。

内容は、デスレースの権利?を買った大金持ちが自分勝手にルールとかレースを開始したら悲惨なことになっちゃいました。って感じです。
レース部分が多かったのは作品に沿ってるんですけど、いまいちレースが微妙だったかな~。

今回の分かりやすい悪役の大金持ちの男がDougray Scottだったんですけど、わざと無能な男の演技をしてたのかな~。
全くカリスマ性がなかったけど、ルークのかっこ良さを引き立たせるためなんかな。

意外とって言ったらあれですけどステイサム版が1だとしたら、リストが1~3に出てた理由も納得できたりするし、フランケンシュタインの存在も納得できたりするので、ちゃんと繋がってるな~って。
時系列でいうと2→3→1だと思うので、見るならその順番がいいかも。

多分、これでこの作品は完結だとは思いますけど(これ以上続いたら蛇足)、ステイサム版をちょっと見直したいって思っちゃいました。

ゴールドバーグさんかっけー!


【ネタバレ】
テーマ:洋画 - ジャンル:映画



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 MIXJUICE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。